特定の相手の潜在意識に働きかけて恋愛成就する方法 基礎編

潜在意識で恋愛成就させる方法

今回のテーマはズバリ、潜在意識を使って、特定の相手との恋愛を成就させる方法になります。

潜在意識を利用して、特定の人と相思相愛になることを目指す場合、必要になるのが、『相手の潜在意識に働きかける仕組み』への理解になります。

一見、突飛で高度なことのように思えるかもしれませんが、実はまったくそういうことはなく、私たちが日常、ごく自然に行っているコミュニケーションの一環になります。

そのツールとなるのが、非言語情報です。

そう、言語を超えた、潜在意識同士でのおしゃべりの内容

これは使い方を押さえると、とても便利なものなのですが、私たちは特に、意中の彼を前にすると、なぜかトンチンカンな使い方をしてしまうことが多々あります(笑)

まずはそういったシーンへの理解を深め、そこから相手の潜在意識にポジティブに働きかける構造の基礎を会得していただければと思います!

スポンサーリンク

いい子ほど恋愛でやってしまいがち!非言語コミュニケーションのズレ

あなたは彼に、自分の本音を言えていますか?

『彼に嫌われたら困るから、わがままなんて言えない』
『重たいと思われると嫌だから、寂しくても笑顔で我慢』
『褒め上手は愛されると本に書いてあったから、とにかく褒めまくる!』

こういった努力をして、きちんと狙い通りうまくいっている!という方は、この先は読む必要がないかもしれません。

けれども、恋愛本などに書いてある通りに、明るく優しく褒め上手の自分であろうと頑張っているにも関わらず、彼の反応がイマイチだったり、二人の仲が深まる兆しが全く見えない時、ぜひ知ってほしいことがあります。

それはズバリ、あなたが本音を飲み込んで我慢すれば我慢するほど、 相手の心が離れてしまうということ。

『会いたいな、寂しい!』
『大好き!もっと一緒にいたい!』

こういった、一見重たい女風なセリフも、なぜか軽やかに感じさせ、彼を虜にしてしまう女性

反対に、いつも明るく優しく、サバサバと振る舞い、自分から連絡もしない。

なのに、なぜか重たさを感じさせてしまう女性

この両者の違いって、一体何なのか、分かりますか?

そう、その表面的な言葉や振る舞いの裏に、 本音を隠しているか隠していないかの違いなんです。

スポンサーリンク

相手の潜在意識に伝えている非言語情報に気づこう!

本音というのは、あなたの潜在意識の中に非言語情報として格納されています

そしてここからが大事なことなのですが、私たちの潜在意識というのは、実はこういった非言語情報というものを常時お互いにやり取りしています。

もちろんこれは潜在意識同士でのやり取りなので、お互いがそれを即座に意識化しているとは限りません。けれどもそれは、確実に相手の潜在意識に伝わっています

つまり私たちは、無意識レベルでは、本音が筒抜けだということなんです。

そう、だから、重いと思われてしまう人の 、『大丈夫』という言葉は、実は全然『大丈夫』と伝わっていません!(笑)

その笑顔の『大丈夫!』の裏側に隠されている、

『どうして会ってくれないの?本当に時間作れないの?嘘ついてない?』
『私はこんなに好きなのに、どうしてあなたは私を好きになってくれないの?ひどい!』
『私なんて魅力的じゃないから、どうせ好きになってくれる訳ないよね』

といった、 無意識レベルの脳内トークが、 彼の潜在意識に、非言語のクレームやプレッシャーとして 伝わってしまっているんです。

なので、無理していい子に振る舞っている人は、まずは自分の表面的言動の裏に隠された、こういった非言語情報に自分自身で気づく必要があります。

そして、これに気づいたら、自分の本音を素直に相手に伝えればいい訳なのですが、もちろん、クレームのままの本音では、むしろこじれるだけになります(笑)

これは、言い方どうこう以前の問題で、どんなに気を使った優しい言い回しで伝えたとしても、結局は、そこに内包される非言語情報がクレームである限り、相手の潜在意識はそこに拒否反応を示します

するとどうなるか?

そう、『いい子だとは思うんだけど…なんだかこの子といると嫌な気持ちになる。一緒にいたくない』という思考が、いつか顕在意識レベルでも認識されるようになってしまうんです!(涙)

これ、日常生活で観察してみると、思い当たる例がいくらでも出てくると思います(^^;

それでは一体どうすればいいのかというと、それは、クレームをリクエストに変えるということなんです。

そして、実はほとんどの人が、自分のリクエストを自覚できていません

何かに対して、悲しかったり、怒りを感じたりしている場合、厳密に言うと、それらは本音の一つ手前の感情なんです

実は、怒りや悲しみといったクレーム感情の奥にこそ、本当の本音があります。それがリクエストであり、いわゆる、本当の願いというやつなんです

本当の願いに気づくと潜在意識の発信状態が変わり、彼との関係に変化が起きる

この【本当の願い】を、まずはしっかり意識化してあげる必要があります。

で、意識化したらどうすればいいか?

実はこれ、意識化できさえすれば、実物(物理)の彼には、伝えても伝えなくてもどっちでも良かったりします(笑)

調整するのはあくまで、潜在意識同士の情報交換なので、言語は使っても使わなくてもどちらでもいいんです。

要は、自分の現在の発信状態のズレに気付いて、それを修正することが、変化を起こすために必要な部分だからです。

変えるべきは自分の潜在意識の発信状態!音信不通の相手でも、原理は同じ

だから、たとえ現在、相手と音信不通の状態であったとしても、基本の部分は同じなんです。

「彼に対するあなたの発信状態が、どういったものになっているか?」

意識化し、変えるべきは、ここなんです。

潜在意識の発信状態が本当に変われば、潜在意識の特性上、それは勝手に相手に伝わってしまいます。

だからこそ、物理の彼には伝えても伝えなくてもどっちでもいい、ということなんです。

経由するのが、言語であれ、非言語のみであれ、あなたの潜在意識から発信されているものが純粋なリクエストであれば、それを伝えられた相手というのは、単純に、必要とされる、頼られる嬉しさを感じるものなので、全力でそのリクエストを叶えてあげたいと思うし、そのリクエストを伝えてくれた相手を、無意識の内に、愛おしく思うようにもなります。

クレームのない純粋なリクエストというのは、相手の潜在意識にとっては、信頼や愛情として伝わるからです。

けれど、あなたが彼に対して、どこか出方や在り方を遠慮してしまう時、また、彼のあなたに対する扱いに対して、どこか悲しさや怒りを感じる時、実はその裏には、まだ意識化されていない、あなたの本当の望みというものが隠れています。

本当の望みというのは、単に、連絡が頻繁に来る、頻繁に会えるといったレベルのものではなく、あなたが彼とどういう関係性を築きたいのか?彼があなたに対してどういう見方をしてくれれば、どういう接し方をしてくれれば、自分は一番満足なのか?自分は彼にとってどういう存在でありたいのか?それら全てを包括したものになります。

要は、あなたが本当に望む彼からの愛され方を、あなた自身がまず決めてしまう必要があるんです。

そして実は、そのスタンスへと変わることで、潜在意識の発信状態というのは、根本からガラリと変わるんです。

片思いの彼になぜか重い女と思われてしまう!?そこに隠された、本当の原因

片思いや復縁などの場合、ほとんどの人は、彼の出方次第で彼と自分の仲を決めようとしてしまうため、彼との恋愛が全て彼次第になってしまっています。

これだと、彼が自分の生殺与奪権を握っている状態なので、当然、彼に本音なんて言えないし、遠慮が出ます。

大好きなはずの彼なのに、どこか怖い存在になってしまっている訳です。

しかも彼の潜在意識側としても、こうした、「私の現実を決めるのはあなた」というエネルギーを向けられることって、実は、「意識的に自分にぶら下がられている」状態なので、とても重苦しさを感じる状態なんです(!!!)

つまりこれって、自分自身が、【現実の彼】や【過去の彼】を、自分の世界(潜在意識の状態)の決定者に無意識にしてしまっている状態なんですね。

これは、相手側の立場からすれば、他者の現実の決定者という、とても大きな責任を一方的に背負わされてしまっている状態なので、本当にとてつもなく重いんです(^^;

相手を自分の意志の上に置いてしまうということは、一見、思いやりがあるようでいて、実は、相手に潜在意識レベルで大きな負担を感じさせてしまう発信状態でもあるんです。

なので、まずはあなたが、彼にとってどういう存在でありたいのか?彼とどんな時間を過ごしたいのか?それを徹底的に、そして詳細に決めてしまうんです

あくまで、純粋にあなた自身がどういう恋愛を望んでいるか、どういう二人の生活を望んでいるかというのが大事であり、肝の部分なので、今の彼の言動は、一度全て無視した状態で決めてしまってください

ここまで読んで、もしかすると、頭の中にハテナマークが渦巻いているかもしれません。

私もこれを初めてメンターに教わった時、本当にハテナだらけだったので、よく分かります(笑)

だって、引き寄せの法則関連の本には、『相手の気持ちは変えられない』ということが散々書かれていたからです。

スポンサーリンク

相手の気持ちは変えられる

でもね、潜在意識のことを深く勉強するにつれ、『相手の気持ちは変えられる』ということがはっきりわかってしまったんです。

特にそれが、【相手の喜ぶこと】である場合は、よりスムーズに、相手の気持ちを変えてしまうことができるんです。

特定の人の潜在意識に働きかけて恋愛成就させる基本構造

ここで、この記事の前半部分を少し振り返ってみてほしいのですが、非言語のクレームが潜在意識レベルで相手に伝わってしまうのと同様に、それ以外にも、ありとあらゆる非言語情報を、私たちは潜在意識レベルで、常にやり取りし続けています。

少し言い方を変えると、私たちは潜在意識レベルでお互いに、常に影響を与えあっているとも言えるんです。

そう 、今、彼が顕在意識上で何を思い、そして何を言っているにしろ、彼の潜在意識に、【あなたの望み】という非言語情報を伝えることで、彼の気持ちを変えていくことは、可能というより、実はごく自然の成り行きだったりするんです。

【彼との関係性】という前提を変える

彼に伝わる非言語が、ついついクレームやプレッシャーだらけになってしまう時、実はそもそも、あなたの脳内にある、彼とあなたの関係性という前提が、あなたは中で望まないもの、悲しいものになってしまっているから、そういった非言語情報を潜在意識が発信してしまっているという構造があります。

潜在意識は常に、あなたが持っている前提を元に、あなたの現実を作り続けています。

ですから、彼との関係を変えたいのなら、まずあなたの脳内にある、前提を変えてしまわなければいけないんです。

それは単に、「彼に愛される私』という言葉のみでは、潜在意識には認識不可能です。なぜなら潜在意識が認識できるのは、非言語情報のみで、言語情報は認識不可能だからです。

彼に愛される私をリクエストしたいのならば、その、「彼に愛される私』という言葉の中身を決めてしまわなければならないんです。

だから、もし彼と付き合いたいというのがリクエストならば、付き合うことになった後の想定がものすごーく大事だということ♡

ただ『付き合いたい』という言葉だけだと、潜在意識にはイマイチそのリクエストが伝わりづらいです。

付き合った後、どんな会話を二人はしているのか?どんなデートをしているのか?お互いにどんなことに興味を持っていて、一緒にどんなことをしているのか?そういった、本当に臨場感のある『二人が付き合っている世界』『彼に愛されている私の視点や在り方』を脳内に作ってしまうんです。

そして、そこから得られた体感を潜在意識が自分への指示として受け取ります。

すると、その指示を潜在意識が全力で叶えようとしてくれるようになるんです。

非言語情報化された願いは、相手の潜在意識に勝手に伝わる

そしてこれは、彼の潜在意識に対しても同様に伝わります。あなたが潜在意識の中に持っている【彼との関係性】という非言語情報を彼の潜在意識が自然とキャッチするため、なんと、彼の潜在意識も、それを実現させようと全力で頑張り始めるようになります(!!!)

だからこれって、本当に、良くも悪くもとてもシンプルな仕組みになっていて、あなたの脳内にある、【彼との関係性】というものが、幸せに満ちたものであろうと、寂しさに満ちたものであろうと、彼とあなたの潜在意識は、お互いに協力して、ただただそれを実現させているだけなんです。

こういった一連の流れというのが、相手の潜在意識に働きかける仕組みの基礎構造になります。

スポンサーリンク

まとめ

あなたが彼に本音を言えなくて、恋愛ギクシャクしてしまっている時、実は誰より、あなた自身があなたの本音に気づけていない可能性が大です。

悲しみや怒りというクレームのその奥にある、あなたの本当の願いに気づければ、恋愛は、少しも難しいことではないんです。

彼のそのそっけない態度や、冷たい言葉は、実はあなたの潜在意識が彼にそうさせてしまっているのかもしれません。

ぜひ、二人が笑顔になる、 win-win の未来を、あなたの脳内でまず作り上げてみてくださいね!彼に対する遠慮は一切不要です(笑)

なぜなら、あなたと彼が笑顔でいる未来をあなたの脳内に作ってしまうということは、自分の幸せを願うことであると同時に、相手の幸せを願うことでもあるからです。

もう一度言いますが、「今の彼」がその未来を望んでいるかどうかは関係ありません。

こうした概念を初めて知った人は、まだまだ頭が混乱気味かと思いますが、潜在意識を使って恋愛成就させる秘訣は、まずは一にも二にも、彼主体ではなく自分主体で未来を描くというスタンスを採用するということになります。

相手の気持ちを思いやることのできる、共感力の高い方ほど、最初はこのスタンスに戸惑いを覚えるかもしれませんが、それが実は、あなたと彼双方の幸せにつながるものなのだということだけ、まずはざっくりと覚えてもらえればうれしいです。

では♡

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました