出会いを引き寄せる方法 出会いがない時はここをチェック!潜在意識を使って理想の人と出会うスピリチュアルな仕組み

潜在意識で恋愛成就させる方法

潜在意識で相手の気持ちは変えられない。

そんな記述を書籍で目にしたことはありませんか?

もちろん、潜在意識の仕組みをよく知らないままだと、相手の潜在意識に働きかける試みというのは、まず失敗してしまうことでしょう。

けれどその本質をつかむと、実は意中の相手の気持ちを変えることも、はたまたまだ見ぬ理想の相手に働きかけて出会いを意図的に操作するということも、ごく当たり前のこととして可能になります。

相手の潜在意識に働きかけるなんて、なんだか少し大それたことのように聞こえるかもしれませんが、一言で言うとこれは、【自分の情報場に相手を巻き込む】という仕組みになります。

これは決して相手を支配することでもなければ、相手の気持ちを無理に変えるということでもありません。

あなたが自分の中に「お互いが幸せになる世界観」、つまりWinWinのビジョンを作ることで、ごく自然に相手があなたの世界に魅力を感じるようになり、巻き込こまれてしまうということなんです。

要は、相手が自ら巻き込まれていく訳なので、相手側の無意識の抵抗を受けることなくごく自然に起こっていく事象になります。

これは言い換えれば、あなた自身が幸せの発信源になってしまうということ♡

ぜひこのスピリチュアルの仕組みを押さえて、周囲を幸せに巻き込みながら自分の願いを次々に叶えていく、真の潜在意識の達人になっていってくださいね!

それはあなた自身、そして周囲への最大の貢献になります。

スポンサーリンク

潜在意識で理想の人を引き寄せる基本を解説!理想の出会いと理想の世界はセットで叶える

巻き込む相手が意中の彼であれ、まだ見ぬ理想の誰かであれ、まずはじめに用意するのはあなた自身の願いと、それを潜在意識に正しく伝える技術になります。

あなたの願いと理想の人間関係、この両方をスムーズに叶えるためには、【あなたの願い→理想の人間関係】という順番で潜在意識に命令を発動していくのが基本になります。

ここで、「ん?っていうか、理想の相手そのものが願いなんだけど…」という疑問を抱かれる人もいるかもしれません。

そう、実はこここそが、「出会いの引き寄せ」を攻略するための大きなポイント。

スポンサーリンク

出会いがない時はここをチェック!スピリチュアル的重要見落としポイント

ほとんどの人はあまり意識していませんが、そもそも理想の人というのは、あなたが望む世界観ありきで決定される存在になります。

「あなたがどういう幸せを望んでいるか?どういう未来を望んでいるか?」という前提条件に連動する形で、あなたにとっての理想の相手像というものが決まってきます。

つまり、まず最初に自分の「欲しい世界」があり、その世界を創造するための最適なパートナーやチームメイトとして「理想の人」という存在が脳に認識される訳です。

その肝心の前提部分が決まっていない状態で理想の相手と言われても、実は潜在意識側としては、一体誰を引き寄せればいいかわからない状態なんですよね…

すると引き寄せられる出会いにはっきりとした方向性が生まれないため、結果的に「出会いがない」「好みの人と出会えない」といった状態になってしまう訳です。

なので順番としては、「そもそもの願い(あなたにとって最高に幸せと思える状態やライフスタイルって何なのか?)」を明確化し、それを潜在意識にオーダーするのがなんです。

潜在意識の仕組みとしては、【あなたからオーダーされた世界】を具現化するために必要なものを順次揃えていくという具現化のさせ方になっているので、まずはあなた自身の願いを立てることをスタートラインにするようにしてください。

なかなか理想の人と出会えない…という時は、実はここを見落としている可能性大です!

ここまで大丈夫でしょうか?

では次に、基本となる、潜在意識への命令の仕方のおさらいをしていきましょう!

これまでも繰り返しお伝えしてきたように、顕在意識と潜在意識では「認識できる情報」に大きな違いがあります。

顕在意識には言語情報が認識可能ですが、潜在意識は言語そのものを認識することはできません。

潜在意識が認識可能な情報というのは、非言語情報のみになります。

いわゆる情動や体感、ビジュアルといったもの。

つまり、いくら紙やノートに願いや宣言を書いても、それが非言語情報化されていなければ、潜在意識に対する命令としては残念ながら空振りです。

この辺りが、書籍などで仕入れたメソッドを繰り返してもなかなかうまくいかない人、逆にすんなりうまくいく人の決定的な分かれ道になります。

では、言語で願いを伝えられない以上、潜在意識には大まかなオーダーしかできないのかといえば、そうではありません。

むしろ潜在意識にとっては細かく伝えてもらえれば細かく伝えてもらえるほど、その具現化ルートを見つけ出すのが容易になります。

というのも、潜在意識は分析や計算といった命令を実行するためのルート検索は大得意なのですが、命令されていない部分に関しては、どうすればあなたが気に入るのか?うまく気を利かせることができません。

本当に詳細に伝えてあげないと願望が達成される直前で頓挫してしまったり、「願望が達成されるには達成されたけど、なんかこれじゃない感がある…」ということが頻繁に起こります。

では詳細に決めるとはどうすればいいのか?

それは、願いが叶った世界そのものを頭の中にビジュアルとして作り出してしまうことになります。

スポンサーリンク

既に叶っている世界を先に作り、それを潜在意識に教えてあげる

つまり、「あなたの望みが既に叶っている世界」を一度脳内にまるっと構築してしまうことがまず必要だということ。

そしてこの潜在意識への命令技術が素晴らしいのって、何も願いを一つや二つにを限る必要がないってことなんですよね。

あなたの望みが恋愛の成就であれ、経済的精神的豊かさであれ、美容であれ、理想の健康状態であれ、潜在意識が認識するのはあくまで「あなたの理想世界」なのですから、360度、全方位オーダーをしてしまえばいい訳なんです!

むしろその方が、潜在意識にとっては助かるという(笑)

もちろん、いきなり全てを完成させなければいけないわけではありません。

バッと思いついた願いから、どんどんあなたの理想の世界の中に組み込んで行くだけで OK です。

焦る必要はないので、できる限り詳細に、なんだったら、もう今日からでもそこに住んでしまえる勢いで、あなたの理想の世界を脳内で組み立てていってください。

そしてそれが完成したら、即それを潜在意識が叶えてくれるかといえば、実はビジュアルのままだと、潜在意識への命令としてはまだパワー不足なんです。

ビジュアル化されたその世界を、【体感】という形に、情報をパッキングしてしまいたいんです。

もちろんビジュアルというのも、潜在意識にとって認識可能ではあるのですが、最終的には、そのビジュアルに対して、あなたが持つ【体感】【情動】といったもので潜在意識はそのビジュアル情報をはっきりと受け止めます。 【ムード】と言ってもいいかもしれません。

そしてそれは、ある一定以上の強さがないと、要具現化対象として潜在意識の作業台に載ってくれません。

ですから、作り上げた理想の世界、つまり仮想現実を強く強く感じてみること。そこが重要になります。

もちろんこれは、意図的に強く感じようとすることでも、ある程度強くなるのですが、一番大事なのは、あなたが『それ最高!』と思えるような、つまり自然と強い情動が湧き上がってくるレベルの理想世界に、その脳内世界を磨き上げるということになります。

理想の世界を構築する→その世界を体感する→さらに理想の世界に磨き上げる→その世界に対する体感がより強まる。

このフローを繰り返していくことで、潜在意識としっかりと打ち合わせをし、【何を叶えて欲しいのか】を潜在意識に明確に伝えていくことが、ひいては、【勝手に叶う願いを作り上げる】ことになります。

叶わない願いというのは、心のどこかで「叶ったら困る」と思ってしまっている、もしくは実はそれほど魅力的に感じていないといったパターンが実はほとんどです。

ですから、それを顕在意識によって分析・判断し、調整してあげるということが必要になるんですね。そしてそれが実は、顕在意識の超!重要な役割なんです。

スポンサーリンク

潜在意識で恋愛成就するには、自分と相手両方の幸せを願うこと

これは恋愛成就においても同じ仕組みになります。

あなたにとっての理想の恋愛というものを脳内世界に組み込んでしまえばいい訳です。

そして特に恋愛というのは、自分一人でするものではなく相手のあることなので、【相手の潜在意識を巻き込む】というスタンスが必要になります。

人の潜在意識には、「何かしら情報的な関わりを持つと、その潜在意識同士が同調する」という性質があります。

同じコミュニティに属する人たちの価値観や雰囲気が似てくるというのもこの作用によるもの。

恋愛引き寄せではこの特性を意図的に利用していきます(いわゆるモテる人、恋愛上手な人というのは、潜在意識のこの特性を無意識にうまく使っています)。

要は、「あなたと彼二人が幸せに過ごしている未来」をあなたの脳内に先に作ってしまうんです。

感覚的には、彼と共有することになる【未来という情報場】を先に作ることで、彼の潜在意識との【関わり】を意図的に作り出すイメージです。

そういう確固とした情報場をあなたが脳内に保持することで、まだ出会っていない、けれどその未来にベストマッチの相手の潜在意識をそこに同調させてしまう、つまりはあなたのフィールドに巻き込んでしまうんです♡

スポンサーリンク

あなたが自分に集中すると、相手の潜在意識は自然に巻き込まれる

潜在意識を使って誰かと幸せな未来を作り上げたいという時、それは相手にお願いをしてとか、相手のご機嫌を取ってとか、そういうスタンスだと実は少し遠回りになります。

なぜなら、そもそも両者がWinWinになる理想世界というものを脳内に作り上げてしまえば、それは相手にとっても幸せな世界であり、叶えたいことになるため、あなたが無理に相手に頼んで叶えてもらうようなことではないからです。

ここに潜在意識の使い方の鍵があります。

つまり、相手を無理に動かそうとか、どうにかして巻き込んでやろう!といった「力ずくスタンス」や「支配スタンス」ではなかなかうまくいかないんです。

そんなことをせずとも、相手を同調させるためには、あなたの中にWinWinの理想世界と、そこに紐づく幸せな情動というものをしっかりと作ってしまえばいいだけなんです。

そこをやり切れば、後は自然に進んでいきます。

相手をどうにかしてやろうと思っていると、それは相手に対する【支配の感覚】として伝わります。

そうではなくて、ただただ自分の中で「二人が一緒に幸せになっている世界」と「そこで感じる情動」を作り上げることに集中する。それだけなんです。

あなたの中でその二つが作り上げられれば、相手は勝手に同調します。

やがて相手の脳内にも同じ願いが生まれてくるんです。

これ、やり込んでいくとすごく面白いですよ♡

恋愛で言えば、あなたが彼にこうなってほしいと思う理想の彼像というのが彼がなりたい理想の自分像だったりするし、逆に、彼がこういう女性と出会いたい!とちょうど思っていたのが、あなた自身のキャラクターとぴったり合致するものだったりするんです。

スポンサーリンク

潜在意識で理想の人との出会いを引き寄せる方法とスピリチュアルな仕組み

そう、だから潜在意識にとっては理想の異性との出会いというのもお手の物なんです。

「こういう男性と知り合って、こういう恋愛がしたい」という願いがあなたの中で世界観レベル・体感レベルで構築されていれば、その条件に合致する「まだ出会っていないその男性」の脳内にも同じ世界観の願いが生まれてくることになります。

それはつまり「あなたと彼が出会ってその世界観の恋愛をする」という一つの願望をあなたと彼の潜在意識が協力して叶える過程がそこで始まっているということなんです。

潜在意識は「人の縁」をネットワーク形式のものとして俯瞰し認識しているので、あなたからの命令に応じ、そこを上手につなげたり切ったりして、「あなたの願いが叶う環境」をあなたの周囲に順次構築していきます 。

これは東洋哲学でいうところの縁起という概念になります。

顕在意識では非常に認知しづらい領域なのですが、潜在意識はそのネットワークの端の端まで感知し、あなたの願いを共同で具現化させるパートナーとのマッチングをしています。

もちろん恋愛だけでなく、ビジネスパートナーや趣味の仲間なども同じように縁をつなぎ、それぞれの脳内にある理想世界を随時具現化させようと働き続けています。

これが人の縁のスピリチュアルな仕組み。

ポイントは一にも二にも、理想の世界を先にあなた自身の中に構築してしまうこと。

自分に集中することで、逆に「外部世界に対する大きな影響力」を発動させることが可能になるのです。

スポンサーリンク

まとめ 出会いは自分で決められる!潜在意識を使って意図的に良い出会いを引き寄せる極意とは?

あなたの中に理想世界という情報場を作り上げてしまえば、他者の潜在意識というのは、そこに自然と同調し、巻き込まれていきます。

これは何も目の前の相手だけではなく、実はまだ見ぬ物理的に離れた相手にも適用可能な手段になります。

なぜなら、潜在意識は「世界」を「人と人が作り出すネットワーク」として捉え、その隅々まで見渡すように認知して人の縁を随時操作しているからです。

あなたが今、潜在意識に伝えている思考や未来設定が良いものであれ悪いものであれ、それはバタフライエフェクトのように遠く離れた誰かに波及し、双方の潜在意識が協力し合うようにして、それを実現させていくという流れになっています。

つながるのが良縁になるか悪縁になるかは、そもそも潜在意識にオーダーされた未来設定が「幸せなものであるか不幸せなものであるか」で決まってきます。

つまり出会い(縁)というのは、本来自分で決められるものなんです。

潜在意識の特性を理解して意図的に良縁をつなぎ、これから出会う人々とWinWinの未来をぜひ意図的に創造していってくださいね!

では♡

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました