「既にある」感覚を潜在意識に理解させる方法 引き寄せ上手と引き寄せ難民を分けるものとは?

潜在意識の使い方

引き寄せの法則や潜在意識の勉強をする過程で、おそらく多くの人が行き当たるであろう言葉、既にある

「どうやら引き寄せ上手な人は、現実が変わらないうちから、既にあるという感覚をつかんでいるらしい。…だけど、目の前に何もないうちに、既にあると思えなんて、難易度高すぎない?!」

「既にあるがわからないと、どうやら叶えられないみたい…どうしよう!一体どんな感覚なの?」

そんな思いに陥ったことのある人は、きっと一人や二人ではないはずです(笑)

私自身、潜在意識の勉強を始めた当初、かなり悩まされたワードの一つです。

今回は、どうして「既にある」がそんなに重要なのか?そして、どうしたらその感覚をつかめるのかについて、陥りがちなつまづきポイントもチェックしつつ、わかりやすくお話ししていきますね! 

 

スポンサーリンク

引き寄せ上手と引き寄せ難民を分けるもの、それは「体感」

  • 同じ行動をしているのに、うまくいく人とうまくいかない人がいる。
  • 本で読んだモテテクニックを実行して、彼に溺愛される子もいれば、さっぱり効果の出ない子もいる。
  • 同じ営業テクニックを教わって、売上の上がる営業マンもいれば、まったく成果の出ない営業マンもいる。

こういったことって、日常たくさんありますよね。

同じ行動や努力をしているはずなのに、なぜか、受け取る結果は全くの別物。

努力しても欲しい結果の得られない人がいる一方で、たいして努力している感じでもないのに、簡単に欲しい現実を手に入れている人がいる。

潜在意識や引き寄せの法則を勉強中の人たちの場合で言えば、「私はこんなに勉強しているのに…どうして何も勉強していないあの子が、簡単に願いを叶えているの?!ずるい!」なんていう思いを抱いたことのある人も多いかもしれません(私は何度もありましたよ!笑)

いともたやすく、次々に願望を実現していく引き寄せ上手な人と、勉強しても行動しても、なかなか願いの叶わない引き寄せ難民状態の人。

この二者を分けているものって、一体何だと思いますか?

それは、行動を起こす前段階での体感なんです♡

すべてを言葉で表すことはできない、けれど、誰もが確かに認識できる「体感」

言葉にできない情報ということで、このブログ内では、「非言語情報」という表現もよく使っています。

スポンサーリンク

「既にある」を「先に体感」することが大切な理由

潜在意識は「感覚」ですべてを理解している

「非言語情報」という字面だけ見ると、何やら難しいことのように感じるかもしれませんが、実は私たちの潜在意識は、この部分の情報を絶えず大量にやり取りしながら、日々、あらゆる人やモノとコミュニケーションを取り続けています。

たとえば、表面上は親切で優しい言葉を並べているにもかかわらず、どこか「冷たさ」や「腹黒さ」を感じる人っていますよね?

それって、「冷たさ」や「腹黒さ」という非言語情報(感覚・在り方)を、あなたの脳が受け取っている訳です。

絵画や映像作品を見て「美しいな」「面白いな」と感じるのも、非言語情報。

ミュージシャンの人たちも、自分達の音楽にどのような非言語情報を込めるか?それによってどれだけ聴き手の心を動かせるか?というところで、日々勝負をかけている訳です。

そんな非言語情報を、私たちの潜在意識がどのようにキャッチしているのかといえば、それがまさに「体感」なんです。

潜在意識は、あなたを通して、世界を理解します。

そして潜在意識は、言葉を理解しません。

言葉とは、非言語情報をパッキングし、運ぶためのツールや入れ物、記号に過ぎないからです。

潜在意識が理解しているのは、言葉そのものではなく、言葉の内側に込められた非言語情報(感覚・在り方)です。

そう、「既にある」という体感が、どうして願望実現の鍵になるのかと言えば、それは、体感こそが、潜在意識領域にダイレクトに伝わっているメッセージであり、現実創造の司令だからなんです。

スポンサーリンク

行動は「原因」ではなく「結果」

つまり、引き寄せたい現実を潜在意識に伝え、現象化へと動き出してもらうためには、「叶っている状態(既にある)」という感覚(非言語情報)が、まず先に自分の中に存在している必要があるんだよ!っていうことなんです。

カーナビ(潜在意識)に目的地をセットするボタン、これが「体感」なんです。

行動や振る舞いはその後に来るもの、つまりそれ自体が、実は「結果」な訳なので、現実を変えたいのなら、原因部分(潜在意識の状態)を変える必要があるということなんです。

多くの人は、「行動が原因である」と錯覚しがちですが、実は本当の原因は、行動が起こる、その一つ前の段階にあります。

これが、同じ努力や行動をしても、引き寄せる結果がまったく異なったり、逆に、行動を変えても、相手を変えても、なぜか同じ現実が繰り返されるという、「現象」の裏側にあるカラクリです。

スポンサーリンク

「既にある」感覚を潜在意識に伝えようとする時にやりがちな失敗

ただそうなると、「そっか!体感が大事なんだ!じゃあ、よく言われる、イメージングで感謝の涙が出てくる状態になったら、その感覚が潜在意識に理解されて、叶うっていうこと?」って、つい思ってしまいがちですよね。

惜しい!実はこれも、ちょっと、というか、だいぶ違うんです(笑)

「既にある」を見ている自分の「立ち位置」をチェックするべし

実際に、涙が出てくるまでしっかりイメージングしたのに、叶わなかったよー!という人、けっこういるのではないでしょうか?

これって実は、多くの場合、叶っていない私」が叶った瞬間を想像している状態になってしまってるんですよね。

過去の私もさんざんハマったつまづきポイントなのですが、ここにハマって引き寄せ難民になっている人って、かなり多いのではないかなと思います。

なんていうのかな、欲しい現実は見えているのだけど、それを受け取っている自分の状態(波動・周波数)が、ちぐはぐなんですよね。

手の届かない憧れの対象に触れられて、感激の涙を流しているといったような?

以前、マイケル・ジャクソンのライブ映像を観ていた時、マイケルにハグされた観客が、感激のあまり失神しちゃうシーンがあったんですよね。

それは、その人にとって、マイケルがそうそう手の届かない、きわめて非日常的な存在だったからだと思うんです。

けれどもし、そんな風に、欲しい現実が「そうそう手の届かない、きわめて非日常的なもの」になっているとしたら…どうでしょうか?

私はこれを、願いの神棚状態と呼んでいます(笑)

無意識に願いを、「自分の上」に置いてしまっているんです。

その感覚から潜在意識は何を認識している?

願いを神棚に上げて(自分より上に置いて)しまっているとしたら、あなたと願いは状態(波動・周波数)が一致していません

願いそのものに、片思いしてしまっている状態です。

この感覚状態だと潜在意識は、「叶わない私」が「手に入らないであろう現実」をひたすら渇望し、崇めているのだなと認識することになります。

結果として、「欲しいのに叶っていない」が繰り返し現象化されてしまう訳です。

欲しい現実と自分の立ち位置を一致させることが大切

大切なのは、「どんな私として、その欲しい現実を見ているか?」ということ。

現実は、あくまで「オマケ(投影)」であって、主体は「自分」です。

「叶っている私」というパラレルに思考回路ごと移行することで、そこに「叶っている現実」が影のようにくっついてくる。

だから見るべきは、「その現実を受け取る自分の在り方」が体感として得られているかどうか?というところなんです。

かなりややこしい感じになっていますが、なんとなーく伝わるでしょうか?(笑)

要は、既に叶っている人」として「既にある」を体感する必要があるということなんです。

既にある」と「叶っている私」は常に1セットであり、両面一致で現実が動き出す仕組みになっています。

大丈夫ですか?ここまでついて来れてますか?

ちょっとややこしいですが、前提理解としてかなり重要なので、よーく噛み砕いておいてくださいね。 

スポンサーリンク

「既にある」感覚を潜在意識に理解させる方法

それではいよいよ、「既にある」感覚をどうやって潜在意識に理解させるか?という話に進んでいきますね。

「既にある」感覚を自分の中に降ろす

「既にある」は、「叶っている人」が叶っている状況の中にある時に、感じている体感覚です。

この体感覚(在り方)を自分の中に降ろすことによって、叶っている自分という状態になります。

そして「叶っている自分」から繰り出される行動は、そのまま叶っている現実へとつながっていきます。

ただ、この肝心の「叶っている(既にある)」体感覚がなかなか分からないから、みんな困っているんだと思うんですよね。

あれこれ想像はしてみるものの、なんとなく捏造くさいというか、リアリティがないのではないでしょうか?

それもそのはず。

だって、まだそれを経験したことがない、つまり、自分の脳内にその情報がない訳なので、どんな感覚かわからないのは当然です。

けれど、ちゃんと方法はあるので、安心してくださいね!

レベル別にお話ししていきます。

「既にある」体感のつかみ方①:「既に叶っている人」から直接非言語情報をもらう

今、自分の脳内に、「欲しい現実を叶えている自分」という体感(非言語情報)がないのなら、答えは簡単です。

その情報、外側からもらってきちゃいましょう!

既に叶えている人」から、「在り方」という情報をもらってしまうんです。

あなたが今まさに欲しいと思っている現実や「状態」を持っている人の近くに行って、その空気感や雰囲気を体で感じてみるんです。

「この人の空気感って、色や触感に例えるとこんな感じだなー」とか、そんな風に「既に叶っている人の感覚」を抜き取ってくる訳です。

いわゆる、「空気から学ぶ」感覚です。

あとは、その人の話を、とにかくよーく聞いてみること!

そうすることで徐々に、その人の思考回路が感覚として、つまり潜在意識レベルで理解できてくるはずです。

大切なのは、その人が何を言っているか?何をやっているか?という部分よりむしろ、その行動や発言の背後にある「思考回路」を感じてみること。

ここがポイントです♡

これは一応、レベル1ということで、かなりとっつきやすい方法なのではないかなと思います。

ただ一つ、この方法には注意点があって、それは、くれぐれも、自分をその人の下に置いてしまわないということ。

単なるファンになってしまったり、「あの人だから叶えられたけど、私には無理」という立ち位置から相手を観察してしまうと、実は、「既にある」体感って、得られないんです。

なぜなら私たちの潜在意識は、その人の視点(同じ立ち位置)に立ってみることで初めて、「その人が見ている(既に叶っている)世界」と「その現実を受け取っている(既に叶っている)自分」という両面の情報を受け取ることができるからです。

このあたりは、下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「既にある」体感のつかみ方②:写経する

さて、次はレベル2のやり方です。

先ほどお話ししたように、他者の感覚を自分の中に降ろしてくるためには、ファンや傍観者としてその人を眺めるのではなく、その人の視点になるということが重要です。

そこで効力を発揮するのが、写経なんです(笑)

「えーっ!写経!?なんか宗教くさくて無理なんですけど!」って一瞬思うかもしれませんが、これ、やはり伝統的手法なだけあって、かなり効果抜群なんです。

小説家やライターさんたちの文章修行にも使われている、非常に実践的な方法なんですよ♡

やり方はとてもシンプル。

まずはあなたが、「この人の在り方が欲しい」と思う人の書いた文章を用意します。

素材は、書籍でもブログ記事でも、何でもかまいません。

用意したら、その文章素材を紙やパソコン画面の横に置いて、そのまま書き写していくんです。

書き方は、手書きでもタイピングでも、どちらでも構いません。

「えっ?そんな単純なことで、その人の感覚が自分に降りてくるの?っていうか、読むのと何が違うの?」と思うかもしれませんが、これは実際にやってみることで、その効果がまさに「体感」できるはずです。

写経で、自分の中に一体何が起こるのか?

それは、文章を「読む」のではなく「書く」ことで、その人がその文章を書いた時の思考の流れを追体験していくことができるんです。

私も実は写経好きで、よくやっているのですが、まず書き出してしばらくすると、その人が持つリズムや呼吸が、だんだんに体感できてくるんですよね。

さらに書き進んでいくと、「あ、ここにこういう表現を入れたら、読者に伝わりやすいかも!」という、その人の思考の声が、頭の中に聞こえてくるようになります。

まさにその人の「感覚」が、自分の中に降りてくるんです。

これはおそらく、読み手としてその文章を感じているのではなく、書き手という視点から文章を感じているからなのではないかな?と思います。

もちろんレベル1のやり方でも全然いけるのですが、どうしても傍観者目線になってしまう!という人は、写経、おすすめです。

「既にある」体感のつかみ方③:叶っている状態を「象徴」に転換する

それではラスト、禁断のレベル3です。

なぜ禁断かと言うと、正直、割と難易度高いからです(笑)

いや、やること自体は簡単なんですが、使いこなすのに少し慣れが必要なんですよね。

なので、「レベル1・2の解説で、もう頭パンパン!」という人は、ここでページを閉じてOKです♡

とりあえず解説していきますね!

レベル3の「既にある」体感のつかみ方、それは、叶っている状態を「象徴」に転換することで、そこから感覚を取り出すという方法になります。

簡単にやり方をお話すると、まずは現状を自分の中でイメージ化してみるんですね。

これ、意外とやったことない人多いのではないかなと思います。

いつもは「欲しいイメージ(願望)をいかに現象化させるか?」という方向で脳みそを使っていると思うのですが、「イメージ 現象化」の感覚をつかむために、あえてその逆である「現象 イメージ化」をやるんです。←ココ重要

恋愛を例に解説

たとえば恋愛で言えば、二人の今の関係性を象徴するイメージってどんな感じかな?と頭の中でビジュアライズしてみるんです。

私が過去にビジュアライズしたもので言うと、「明るいカフェ空間で彼と二人でお茶を飲んでいる」とか、「薄暗い部屋の中で、お互いに背を向けて体育座りしている」とかですね。

あまり頭で考えすぎず、イメージ画やイメージ映像のような感じで、その時の関係性をパッと「象徴化」してみるんです。

ちなみに、上記のイメージ例は、あくまで「過去の私がビジュライズしたもの」なので、くれぐれもこのイメージに引っ張られないでくださいね!

あなた自身の現状を、あなた自身の感覚で象徴化することが肝なので、ここはとことんオリジナルにこだわってください。

そうじゃないと、途端にイメージが捏造くさくなったり、自分事として潜在意識が認識できなくなるので要注意です。

そして現状がビジュアライズできたら、今度は、「どういう関係性になりたいか?」を決めます。

「具体的な状況」として、欲しい現実(既に叶っている世界)をはっきりとさせていくんです。

「彼が私にぞっこんの状態になっている」とか「彼の優先度ぶっちぎり第一位は私」とかですね(これもあくまで一例なので、引っ張られちゃダメですよ~!)。

「その彼」にどんなセリフを言って欲しいか、どんなデートをしたいかとかも具体的に決めてしまってください。

詳細に決めれば決めるほど、「既に叶っている世界」の情報密度が高まるので、感覚が取り出しやすくなります。

「情報密度」と「体感」の関連性については、こちらの記事で解説しています♡

そしたら今度は、その欲しい現実を再び「象徴」としてビジュアライズするんです。

ビジュアライズされた象徴世界の情景から、色や明度、感触、あたたかさといった「感覚」を感じてみるんですね。

その「感覚」が、「既に叶っている」世界の非言語情報になります。

そして、その象徴世界の中でのあなたは、どんな在り方(役割・キャラクター)をしているか?

それが、その象徴世界の「中身」を受け取る「」としてのあなたの在り方、つまり「体感になります。

この時点で、あなたの脳内には「既に叶っている世界」と「既に叶っている自分」という両面の情報が「既にある」状態となっている訳です。

その「体感」を自分の中に降ろすことで、何をすればいいか?どう振る舞えばいいか?というのは、実は自然とわかってしまうし、あなたを取り巻く現実世界も、面白いように望む形になっていきます。

なぜなら、その「体感」を持っている時のあなたの思考回路は、「叶えられる自分」の思考回路だからです。

「叶えられる自分」からアウトプットされてきたものは、当然、「叶っている現実」に紐付いていくことになります。

…なんとなく伝わりましたかね?(笑)

「は?」となっている人もいるかもしれないので、もう少しだけ補足説明してみますね。

私たちは、潜在意識の中に「既にある」イメージを常に現象化しながら生きている

私たちは毎瞬毎秒、何かしらの行動や選択という「アウトプット」をして生きている訳ですが、実は、そのアウトプットが行われる前の段階で既に無意識(潜在意識)領域の中には、何かしらの非言語情報(言葉ではない、ポワポワッとしたイメージや感覚)が存在しています。

その「非言語情報」を、言葉や行動という形を使って外側に「現象化」させているという流れになっています。

たとえば、あなたが実際に「右手を動かそう」と意識するその前の段階で、「右手を動かそう」という意志やイメージ(非言語情報)が、無意識領域の中に「既にある」んです。

このブログがタイピングという行為によって執筆される過程も同じです。

記事の中身は、何も最初から「言葉として」私の頭の中に存在していた訳ではなく、最初はただポワポワッとしたイメージの塊(概念や理解といった非言語情報)がそこに在る状態。

その、これといった形のない「非言語情報」を、脳の言語野を通して文章という形式に翻訳(アウトプット)することで、ブログ記事へと現象化させているんです。

非言語情報というのは、感覚やイメージの世界です。

つまり、「右脳的」なんですよね。

なのでレベル3のやり方では、あえて「願望」を右脳的な情報形体にエンコードしている訳です。

それによって、アウトプット(現象化)の質を変えているという構造です。

現象化(アウトプット)される前に、潜在意識の中にはそのイメージが「既にある」

ざっくりまとめてしまうと、自分の頭の中に具現化するべき「自分」や「世界」というイメージが「既にある」から、そのイメージを現象化(アウトプット)することができる、ということなんです。

このアウトプットの前駆体であるイメージが自分の望むものであった場合に、私たちは「願望実現した」と感じます。

ただほとんどの場合、このイメージの部分って、潜在意識の情報処理機能によって「無意識に」作られてしまっているので、自分が望んでいない現実を「自分で無意識に作ってしまっている」ということに気づいていないだけなんですよね。

だからこそ、「今頭の中にあるイメージ領域を一度、顕在意識上に引っ張り上げて、確認・操作する」という工程を入れてあげる必要があるんです♡

これがいわゆる、引き寄せの法則を「使いこなしている」状態になります。

ただ、レベル3はあくまで上級編なので、分かりにくい場合は、とりあえずスルーで大丈夫です。

かなり感覚的な操作なので、正直、慣れや練習が必要なやり方なんですよね。

それもあって、レベル順にお話してきた訳です。

レベル1やレベル2を実践しているうちに、イメージと現象化内側と外側)の関係が感覚として徐々に理解できてくるので、レベル3を使う感覚も自然と養われてきます。

なので焦らず、初級編からトライしてみてくださいね!(というか、1や2のやり方でも十分すぎるくらいに強力なので♡)

もしレベル3をやってみる場合は、あまり深刻に考えず、遊び感覚でプラクティスするのがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ 潜在意識の中に「既にある」ものと「現象」の関連性を見抜くことが鍵

私たちは日々、自分の頭の中に既にある「世界観」や「自分像(セルフイメージ)」を現象化しながら生きています。

そういった意味では、誰もが現象化の達人です。

ただ問題なのは、自分の頭の中に一体何が「既にある」のか?そこに多くの人が気づいていないことです。

「それ」は言語ではなく、イメージや概念、感覚といった「非言語情報」の形で潜在意識の中に、つまり無意識領域に格納されているため、本人が「意識化する」という思考のアクションを取らない限り、非常に気づかれにくいんです。

つまり自分自身が「何を現象化させているのか?」に気づいていない状態と言えます。

そのためほとんどの人が、引き寄せの法則に振り回される、引き寄せ難民状態となってしまっています。

引き寄せ難民を脱するために重要なのは、この2点。

  • 自分の潜在意識の中に「既にある」ものを見抜く。
  • 自分が欲しい現実を手に入れている人の潜在意識の中に「既にある」ものを見抜く。

その2つを徹底していくことで、私たちは「イメージ 現象」の関係性を感覚的に理解していくことができるようになります。

ここへの理解が育てば、誰でも潜在意識の達人となることは可能です。

そもそも誰もが「現象化」の達人ではあるので、「今、何を現象化させているか?」に自分が気づければ、あとはお手の物なんです。

今回記事内でお伝えしてきたのは、願望実現の方法であると同時に、「イメージ(内面世界 現象(外側)」がどのように呼応しているのか?それを体感(潜在意識)レベルで理解し、自在に使いこなしていくためのトレーニング方法でもあります。

最初は、「え?なんでわざわざ現状をイメージ化しなきゃいけないの?そんなことより私は、早く叶えたいのよー!!!」なんて思ったりするかもしれませんが、本当に各ステップに「人生が変わる魔法の智慧」をぎゅーっと詰め込んでいますので、「既にある」がわからなくて悩んでいる人は、ぜひ活用してみてくださいね!

では♡

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました