「決めるだけ」について徹底解説!潜在意識レベルでの「決める」って、どういう状態?

潜在意識の使い方

「決めるとそうなる」

「決めるだけで現実は動き出す」

引き寄せの法則や潜在意識についてある程度学んでいくと、必ずといっていいほどついてくる「決める」という言葉。

ただ、こういったお勉強全般について言えることだと思うのですが、

「結局のところ…決めるって、一体どういう状態?」

「どうしたら決めた状態になれるの?」

といった感覚的な部分がよくわからず、悶々としている人も多いのではないのかな?と思います。

「決めるだけで現実は動くって言うけど…私の場合は、決めても全然前に進んでいるように感じない(泣)」という人もきっと多いはず♡

今回はそんな「決めるだけ」問題に悩んでいる人に向けて、「決めるだけ」の「決めた」って、一体どんな状態なのか?どうすれば「決めた」状態になれるのか?について、お話ししていきますね!

スポンサーリンク

決めたのに願いが叶わない、現実が動かない理由とは?

まずは、多くの人が悩む「決めたのに、現実が動かない…(泣)」状態って、一体どういう状態なのか?についてお話してきますね。

それはズバリ、「口だけ、言葉だけの【決めた】」になってしまっている時です。

現実を実際に動かしていくのは潜在意識な訳なので、「潜在意識レベルでの【決めた】」になっていなければ、当たり前ですが、現実はそちらの方向へ動いてはいきません。

そう、つまり「決めた状態」っていうのは、いわゆる、顕在意識と潜在意識が一致した状態っていうことなんです。

潜在意識がそれを叶えることに同意した状態、それが決めたということ。

ここで気になるのは、顕在意識では叶えたいと思っているのに、なぜ潜在意識が同意してくれない状態が起きてしまうのか?ということですよね。

それは単純で、その願望を叶えることのメリットがいまいち足りてない、もしくは、メリット以上にデメリットが大きくなってしまっているから、なんです。

つまり、表面では叶えたいと思っているけれど、その実、実際に叶ってしまったら困ることがあるから「決めきれない」状態になってしまっているんですよね。

※このあたりについては、こちらの記事で解説していますので、くわしく知りたい方は参考にしてみてくださいね!

言い換えるなら、今自分が握りしめている願望というのは、実のところ、自分にとって「本当に欲しいもの」ではないし、むしろ潜在意識的には、妥協ラインにすら届いていないということ(!!!)

もう少し噛み砕いて言うと、叶う過程や、叶った後に、「自分にとって都合の悪いこと」を色々と混入させてしまっているんですよね。(○○を手に入れたい!と言いながら、やたらと苦しくて制限的なルートばかりを使おうとしていたり、結婚したい!と言いながら、実は結婚生活に良いイメージが持てていなかったりetc)

すると脳みそ的には、「そんな思いするくらいなら、いらない!とりあえず現状維持が無難!」となっちゃう訳なんです。(メリット≪デメリットの状態)

スポンサーリンク

多くの人は決めるのが苦手!人が無意識に「他者次第で自分の行き先を決めたがる」理由

そして実は、ここにこそ、大多数の人が「他者次第で自分の行き先を決めたがる」理由があるんですよね。

結局のところ、自分が本当に納得できる行き先がまだ決まっていない状態なので、自分であれこれ考えて決めるより、他者の出方や状況によって消去法で行き先が決まってしまう(自分の行き先を他者に決めてもらう)方が気が楽だから、なんです(!!!)

それなら、たとえ好みじゃない現実が目の前に来たとしても、「仕方ないか…だって、これしか選択肢がなかった訳だし」と言い訳できてしまうので、自分で責任を持たなくて良くなるからなんですよね。

この「自分で決めないということを決めている」状態は、もちろん自分でも気づかないままに、無意識(潜在意識)レベルで「決めている」ことですが、きっと思い当たる人も多いんじゃないかなと思います。

この状態って、自分で決めなくても勝手に行き先が決まっていくので、「苦しいけど楽」なんですよね。

※自分で決めないと、自動的に未来が「決まってしまう」仕組みについては、こちらの記事で解説しています♡

ただその分、どんどんと自分が本当に欲しいものがわからなくなっていくし、決めることが苦手になっていきます。

スポンサーリンク

本当の願いには、潜在意識レベルでの「決めた」がもれなくついてくる

なのでまず、潜在意識レベルで決めた状態になるには、自分にとって妥協のない、本当に欲しい未来を自分の中ではっきりさせるということが大切だし、一番にエネルギーを注ぎたい部分になります。

そう、いわゆる本当の願いです。

本当の願いは必ず叶うと言われているのは、潜在意識が文句なく同意してくれるから。

つまり、「潜在意識レベルでの【決めた】」がもれなくついてくる願望だからなんですよね♡

ただ、じゃあ、本当の願いがみつからないうちは、いつまでたっても自分で行き先を決められないのか!?といえば、実はそうでもありません(笑)

なぜなら、本当の願いであれば自分の中で葛藤が起きにくい、つまり極めてスムーズに叶っていくよ!というだけで、もしかしたらまだ荒削りな願望かもしれないけど、自分は今、間違いなくこっちに行きたい!こっちに行くんだ!って「決める」ことさえできれば、問題はない訳です。

というか、本当の願いって、実はそんなにいきなりみつかる(認識できる)ものではなくて、そうやってその時その時の願いを叶えながら、「あ、でも、もっとこういう方がいいな!」という風に、願いをどんどんと格上げしていくことで徐々に近づいていくものなんですよね。

実際にその現実を味わってみたことで初めて気づく「自分の好み」って、たくさんありますしね!

そうして願いの精度が上がっていくにつれて、叶うスピードも、現実の至福度もどんどんと上がっていくようになります♡

では、「今の自分が認識できる範囲でベストと思われる行き先」を明確にしたとして、一体どういう状態であれば、行き先を「決めた」状態って言えるのか?

それが気になるところですよね。

そう、実は「決めた」状態を意図的に作る方法って、ちゃんとあるんです。

スポンサーリンク

潜在意識レベルで「決めた」状態を作る方法

潜在意識レベルで「決めた」状態を意図的に作る方法、それは、叶っている自分にいきなり「なる」ことなんです。

それって決めている?決めてない?ポイントは「自分の内部」とそこからの「発信状態」

叶っている私になるっていうと、「まだ彼と付き合っている訳ではないけど、もう彼女になったつもりになるっていうこと?」「口座にもお財布にもお金が全然ないけど、お金があるつもりになれっていうこと?」っていう風に捉えられがちなのですが、そこはちょっと違うんですよね。

単純に「今はそうじゃないけどそう思い込め!」っていう、状況ベースの話ではなくて、体感や視点、思考回路といった、自分の内部の状態を「未来側の私(叶っている私)」に移行させるんです。

具体的に言うなら、「叶っている世界に住んでいる叶っている私だったら、今何をしている?」「毎日をどんな風に、どんな気分で過ごしている?」「叶っている私だったら、こんな時、何を選ぶ?」「未来側の私だったら(叶うことが大前提なのだとしたら)、今のこの状況を、どんな風に眺めている?」といった、自分の内部からのアウトプット(発信状態)を、「いつもの私」側から「未来の私」側へと波長をどんどんと切り替えていってしまうんです♡(いっぺんにじゃなくてOKです!)

この「叶っている自分」という前提(発信状態)にある時、つまりその自分として過ごしている時、あなたは自分の行き先を潜在意識レベルで「決めている」状態となります。

どうしてこの状態だと、「潜在意識レベルで【決めている】」状態だと言えるのか?

それは、潜在意識というのは、言語ではなく非言語情報で成り立っている領域、言い換えるなら、体感の世界だからなんです。

波動とか波長とか、それを表現する言葉は何でもいいんですが、「口座に今お金がこれしかない」とか、「彼と音信不通状態」だとか、そういった外側のことは実はどうでもよくて、自分の内部の状態が「叶っている私(なりたい私)」と同じ体感になっているかどうか?というのがすべてなんですよね。

そしてね、これって裏返せば、恋愛で叶えたいことがあるからって、必ずしも恋愛方面で何かをしなくてはいけない訳ではないということ。

むしろ、不安や焦りから相手(外側)に何か働きかけようとしている時というのは、前提(発信状態)が「叶っている私」ではない可能性大なので要注意です。

何をするにしても、「どの私からそれをするのか?」というところが現象化していくだけ、なんです。

「叶っていない私」「大切にされない私」という立ち位置からそれをするのと、「叶っている私」「大切にされている私」という立ち位置からそれをするのとでは、全く同じ行動であったとしても、相手の反応や結果というのは全く別物になってきます。

そう、自分がどの立ち位置にいるか次第で受け取る現実が変わってくる、つまり、自分の在り方を「決めるだけ」で、現実ってそちらに動いていくよ!っていうことなんです。

決めてもついつい元の在り方に戻ってしまうのは、脳の自然な反応

そしてね、在り方を変えるっていうのは、もちろんいっぺんにやるのってなかなかに難しいです。

なぜなら、人の脳には現状を維持したがる性質(恒常性維持機能)が元々備わっているので、変わる時って、あちらとこちら両サイドを行ったり来たりしながら、徐々に変わっていくものなんですよね。

「これまでの私」という在り方と、「叶っている私」という在り方。

両方の私を行ったり来たりしながら、徐々に「叶っている私」という立ち位置にいられる時間を長くしていけばいいだけなんです。

なので当然、「叶っている私」になると決めた後でも、ふと不安になったり、元の自分が出てきたりということは誰でもありますし、人間の脳のごく当たり前の反応なので、そこで落ち込んだり、「やっぱり自分は変われないんだ…」なんて結論付ける必要は全くないので安心してくださいね!

コツは「叶っていない私」が出てくる場面(お決まりのパターン)に気づくこと

在り方をうまく移行していくのに重要なコツがあるので、お伝えしておきますね。

それは、不安や焦りから、本当はやりたくない何かをやろうとしていたり、選びたくない何かを選ぼうとしている時、「あれ?私、今どの自分からこれをやろう(選ぼう)としているんだろう?」と気づく癖をつけること、です♡

無意識に前提がズレていた!ということに気づいたその瞬間に、「望まない世界」や「叶っていない私」を採用していたということが自分の中で意識化されますので、そこを順次修正していくんです。

「無意識の領域にあるもの」って、要は「自分では気づいていない箇所」な訳なので変更ができませんが、意識化された瞬間に、私たちはそれを変更することができるようになります。

そう、701式「なる」でいうところの、「叶っていない私」の解除です。

「叶っていない私」から「叶っている私」になるにはどうすればいいのか?

<自分が望んで「叶っていない私」を維持していた>ことに気付く。これだけです。
これに気付いた瞬間「私」と一体化していた「叶っていない私」は解除されます。

潜在意識 珠玉のレスファイル集より引用

こうした「叶っていない私」から発信してしまいやすい場面(お決まりのパターン)に気づく癖を持つことで、日常が「叶っていない私を解除する」「在り方を決める」ことのプラクティスになっていきます。

それこそお洋服を買ったり、何か物を手放したりするときも、「叶っている私にフィットする洋服」という視点で選んでみたり、「叶っている私にフィットしないものを手放す」という視点で断捨離を進めていったりすると、 きちんと自分の在り方ってそちら側へとスライドしていくし、それに伴って、現状もそちら側へと動き出していきます。

スポンサーリンク

欲しい世界、そして在り方を「決めるだけ」で現実は確実に動き出す

面白いのは、必ずしも自分の叶えたいことと同ジャンルで調整していかなくても、なぜか本命の願いも動き出すというところ♡

なぜなら、その人が採用している「世界」と「在り方」というのは一対の関係にあるので、もうこれってジャンルどうこうという問題ではなく、恋愛であれ、お金であれ、単純に自分が採用した在り方にふさわしいものがくっついてくるという仕組みだからなんですよね。

※採用している「世界」と「在り方」の関係については、こちらの記事にまとめています。

あくまで決めるのは、あなたがどういう世界に住みたいか?そして、どういう在り方を採用するのか?ということ。

それらを「決めるだけ」で、あらゆる方面で現象って動いていくし、見える景色も確実に変わっていきます。

ぜひぜひ、日常から色々とプラクティスしてみてくださいね!

きっと面白いことが起きるはずですよ♡

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました