不安は出てきても大丈夫 欲しい現実を引き寄せるネガティブ攻略法

引き寄せの法則のやり方

潜在意識に対して願望を意図したはずなのに、それでも、繰り返し不安が湧いてきてしまう。

未来設定したはずなのに、ネガティブが止まらない! !

いつも今度こそは!と思うのに、なかなか変わることができない…

 

これって、ちゃんとできていないってこと??

難しすぎる…やっぱり私には、潜在意識を使いこなすことなんて無理なんだ…(涙)

 

こんな脳内トーク、してしまってはいませんか?

 

引き寄せの法則や潜在意識を学ぶ過程において、最も多い悩み、それは、ネガティブをどう処理すればいいか?どうすれば、ネガティブな頭の中のおしゃべりを止めることができるのか? 思考を変えられるのか?ということではないかなと思います。


しっかりとイメージして、幸せな未来を思い描いたはずなのに、気づくとまたネガティブな思いにとらわれ、現実も変わらず、同じところをループしているように思える。

 

私も散々通った道なのでほんっとーによくわかります!

 

最初に結論を言ってしまうと、実は、潜在意識の達人であっても、未来設定後に不安が湧いてきたり、ネガティブが湧いてきて気持ちが落ちたりというのは、普通にあります。

 

そうなんです、これ自体は、全く問題ではないんです。

着目するべきは、その後の処理にあります。

 

ここを押さえれば、ネガティブが湧いてきては振り出しに戻るという、現状維持ループの呪いから解放されることができます。

今回は、潜在意識を使いこなす上で、大きな味方となってくれる、不安やネガティブを無効化する技について、お話していきますね!

スポンサーリンク

引き寄せの法則や潜在意識にネガティブは禁物、が呪いになってない??

まず最初に知ってほしいのは、ネガティブが湧いてきた瞬間に、 「やっぱり自分は変わっていない」「やっぱり私には、潜在意識を書き換えるなんてできない」と結論を下す必要は全くないということです。

引き寄せの法則の基本として、【叶った私】に今すぐなることで、自分の立っている時間軸が、叶った未来というパラレルにシフトするという仕組みがあります。

つまり、【その願いを当たり前に叶えられる私】の思考回路になることができれば、それにふさわしい現実が自動的に伴ってくるということです。

なのですが、 なぜか皆さん、完璧に【叶った私】という思考になれてなくてはダメ、ネガティブ感情が湧いてきた時点で、潜在意識の書き換えは失敗!と結論付けちゃう傾向があるんですね。

これね、はっきり言ってみんな、完璧主義すぎるんです!(笑)

 

その原因の一つとして、皆さん、ネガティブ感情のあるなしが、願いが叶うか叶わないか、叶った私になれているかなれていないかの、大きな判定材料になってしまっている側面があるからではないかな?と思います。

つまり、無意識に、ネガティブをものすごーく重要視し、自分の現実創造への支配権を与えてしまっているがゆえに、ネガティブを怖れすぎているんです。

ここがひとつの鍵になります。

そして実は、ポジティブもネガティブも、何も思考量によって現実化する訳ではないので、ネガティブを感じること自体は、実は、全く問題がないんです。

スポンサーリンク

潜在意識レベルでの意図に気付くことがポイント

人がネガティブを感じる時、ポジティブを感じる時の違いというのは、実は、その瞬間に本人が、どの未来を見ているか?という、視点の違いになります。

つまり、ある現象が起きた時、その現象の先に、どういった未来を予感したか?ということです。

 

例えば、人の顔色や反応を見て、ネガティブな気持ちになる時。

その瞬間、私たちの脳というのは、その人との関係性が悪化している、もしくは破局している未来というものを、無意識に想像してしまっています

 

また、会社で異動などを命じられてネガティブな気持ちになる時というのも、やはり、その出来事をきっかけに、労働環境が悪化する未来というものを、無意識に予見してしまっている訳です。

つまり多くの場合、人は、その時点で起こっている現象そのものが嫌でネガティブを感じているというより、その現象の先にある、欲しくない未来、なりたくない自分というものを無意識に見てしまう、つまり、その情報場に意識が接続してしまうために、ネガティブな気持ちを感じるようになっています。

 

そして、ここがポイントになるのですが、私たちが潜在意識レベルで意図している未来潜在意識に指示している未来設定というのは、紙に書いた望みでも、新月にお願いした内容でもなく、私たちが未来に対して持っている予感そのものであるということなんです。

 

え、じゃあ、やっぱりネガティブを感じたら、ネガティブな未来が確定しちゃってるんじゃない!!(汗)

って思ってしまいそうになるところなのですが、実は、そこからどう出るかが、潜在意識の達人とそうではない人の違いであり、運命の分かれ道なんです。

ネガティブな思考が湧いてきた時、つまり、自分が無意識にネガティブな未来を設定してしまっていることに気づいた時、潜在意識の達人なら、一体どうするのでしょうか?

スポンサーリンク

潜在意識の達人は、不安を自分の上に置かない

では、その対処法をお教えしますね。

そんなとき、潜在意識の達人は、「あ、行きたくない方の未来を無意識に見ちゃってたわ。そっちじゃなくて、行き先はこっち!と、その場で切り替えるんです。

 

そう、極めて単純なこと!

 

だけど、ほとんどの人が、その単純なことをしないから、無意識に、欲しくない現実を何度も何度もコピーし続けているし、現状維持ループから、抜け出せていないんです。

 

思考を変えることは、潜在意識にとってはタッチタイピングの習得と同じ

潜在意識というのは、無意識の反応、つまり、癖や習慣の世界です。

たとえば、技術というのも、癖の一種になります。

望ましい癖を意図的に身に付けること、それが技術の習得になります。

そして、私たちが何か技術を身に付ける時、ほとんどの場合、反復練習を経て、それを習得します。

なぜかといえば、サッカーのフリーキックにしろ、パソコンのタッチタイピングにしろ、一度やってみただけで、即座にできるようになる人というのは、まずいないからです。

人は、何かを習得しようとする際、だいたい、まずはじめに、これこれこういった感じの華麗なアウトプットをしたいと脳内でデザインし、そしてそれを、練習という形で、意識的に何度も反復していきます。

そうすることで、その一連の行動様式(フレーム)というのが、第に潜在意識の領域に引き渡され、そして気づくと、意識でコントロールせずとも、無意識に、そのアウトプットをできる状態になっています。

つまり、これが潜在意識の書き換えなんです。

意識的ではなく、無意識に、反射的に、アウトプットできるようになっている状態ということです。

そして実は、行動だけではなく、思考や感情というのも、そのほとんどが、無意識に、反射的に湧いてくるものであることから分かるように、その正体は、過去に作られた脳の癖なんです。

ある現象を見た際に、こう解釈し、こういう未来を予測し、こういう感情をアウトプットするということが、無意識下の一連行動になっているということなんです。

そう、つまり、過去に作られた癖によって、反射的に、欲しくない現実を未来設定し、繰り返し創造し続けてしまっているということ。

それが、潜在意識の達人ではない、ほとんどの人たちが日常的にやってしまっていることなんです。

言い換えるなら、自分でも気付かないうちに、ただ条件反射的に、お決まりのパターンの未来設定をしてしまっているということになります。

 

そして、この無意識の未来設定というのは、私たち自身がどこかで、意図的にその内容を変えない限り、無意識は、その現実創造のハンドルを私たちに返してくれません。

そう、私たち自身が、どこかで意図的に、見ている方向を変えない限り、 私たちはネガティブな思考癖に、現実のハンドルを渡し続けることになります。

しかし、ほとんどの人は、ネガティブが湧いた瞬間に、そこであっさりとハンドルを明け渡し、自分の意図を取り下げてしまっているんです。

これが、ネガティブを自分の(意志の)上に置いてしまっている状態ということになります。

ネガティブ感情が湧いた瞬間に、そこで、「こんなことを思ってしまうなんて、やっぱり私、変わってない」「やっぱり、引き寄せられないんだ」「やっぱり、自分には潜在意識を使いこなすことなんてできない」と結論付けてしまうこと。

その結論こそが、過去に作った思考癖によって自動的に生じているネガティブ感情に、自分の未来を決定させてしまっているということに他ならないんです!

 

潜在意識の達人は、この構造をよく理解しているので、ネガティブな感情が湧いてきても、「あ、昔の癖が出てきた」と思うだけで、そこで【欲しくない未来】を確定させません。

その瞬間、望まないパラレル(思考回路)にうっかり乗りかかってしまっていたいうことに気づき、冷静にパラレルを乗り換えるだけなんです。

つまり、気付いたらすぐに、欲しい未来への視点に切り替えるということをしているんです。

ネガティブ感情が出てくるとき=潜在意識の書き換え失敗!ではないことを達人は理解している

そしてこれは、思考の癖を修正していく過程とも言えるので、【気付く→切り替える】、【気付く→切り替える】を何度も反復していくうちに、徐々に、過去の思考癖は出てこなくなっていきます。

そうしていつの間にか、欲しい未来の方向を見ている自分というのが、当たり前の状態になっているんです。

この当たり前が切り替わった時というのが、潜在意識の書き換えが完了したときと言えます。

ネガティブが湧いてくる時というのは、自分の意志が弱い訳でも、引き寄せができていない訳でもなく、あくまで、その書き換えの過程であるというだけに過ぎません。

これは私が長い学びとトライアンドエラーの中で実感し、身に付けたことでもあり、実は、【701式 なる】で有名な701さんも、この過程を通っています。

私も最初に教わった時は不安でした。
(そんな簡単に変わるの?)と疑ったり(やっぱり何も変わってない!)と焦ったりしました。

その度に「OK.これは【叶った私】が考えてる事だから何も問題ないわ」と
【叶った私】視点に戻りました。不安になる度にこれを繰り返しました。
いつの間にか【叶った私】視点がデフォルトになり、不安は起きなくなりました。

潜在意識 珠玉のレスファイル集より引用

 

こういった意味で、潜在意識の達人というのは、不安やネガティブというものに一切力を持たせていないし、その存在を許しているんです。

出てきても、自分の未来には全く影響のない、大丈夫なものだからです。

何も、過剰に怖れたり、かたくなに拒否したりする必要性が全くないものだと理解しているんです。

スポンサーリンク

まとめ 意図的にパラレルを選ぶ立ち位置を取る限り、不安は怖れるに足りない

「不安やネガティブが怖い!あってはいけないもの!!」という状態になってしまっている時、もしくは、ネガティブを怖れるあまり、見ないふりをしている時、そういった時というのは、たいてい、不安やネガティブという、思考の自動反応に、未来の決定権を持たせてしまっているときです。

不安もネガティブも、単なる思考の癖であり、無意識が過去の記憶を引っ張り出してきているだけであると理解できれば、そこで、無意識による勝手な未来設定(過去の焼き増し)を却下することが、私たちには可能です。

不安やネガティブが湧いてきても、そこで意図を取り下げてしまわず、意識的に、「行きたいのは、そっちではなくて、こっち♡」と、自分の思考に対してはっきりと意思表示をするということ。

とても単純だけれど、その単純なことを、やるかやらないかとうのが、現状打破できる人と、現状維持ループにはまり続ける人の差になります。

 

これは、一種の技術なので、実践していかないことには身に付かないものなのですが、逆に言えば、練習すれば誰にでもできることなんです。

パソコンのタッチタイピングも、思考の書き換えも、結局は同レベルのことなんです(笑)

そう、潜在意識の達人には、練習すれば、誰でもなれるんです。

 

思考を変えること、潜在意識の書き換えをマスターすることを、特別視しすぎない、大きく受け止めすぎないこと。

ネガティブや不安に、自分の現実の支配権を簡単に渡してしまわないこと。

 

不安を怖れるあまり、余計に不安を生み出してしまっているかな?と思ったときには、ぜひこれを思い出して、実践を進めていってくださいね!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました