ネガティブを利用して引き寄せの法則を攻略!嫌なことがあったときの対処法

引き寄せの法則のやり方

引き寄せの法則や潜在意識について学び、日々それを活用するためにあれこれ心がけているはずなのに、なぜか嫌な現象が止まらない、お決まりのネガティブパターンが繰り返されてしまう…

「これってもしかして、私の運命なの!?どう抗っても逃れられないものなの??」

努力しても、勉強を重ねても、嫌なことが繰り返し起こってしまう時、私たちはつい、このように考えがちです。

引き寄せの法則も潜在意識も、誰しも幸せになりたいという思いから学びを深めていくものなので、ネガティブな現象が何度も起こったり、なかなか目の前から消えてくれない時というのは、なんとも絶望的な気分になりますよね。

けれど実は、この絶望的なネガティブループにこそ、現実創造の仕組みを理解し、潜在意識の達人になるための大きなヒントが隠されているって、知っていましたか??

私はこの秘密を知ってから、いわゆる悩みであったり、過去から続くネガティブパターンというものが、自分の敵には見えなくなってしまったんですね。

むしろ、自分の願望を最短で叶えるルートの入り口であったり、潜在意識の達人としてクラスアップするための秘密の鍵という認識に変わりました。

少し上級の概念となりますが、引き寄せの法則を本当に腑に落として、現実を思い通りに操りたいという人には大きなヒントになる内容だと思いますので、今回はこの、ネガティブの上手な活用法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

引き寄せの法則をマスターしたいなら、ネガティブは利用しないと損!

引き寄せの法則を実践する上で、何かと敵視されがちなネガティブですが、実は、日常で起こる嫌なこと、何度も繰り返してしまうネガティブパターンにこそ、引き寄せの極意を体得するための秘密が詰め込まれています。

というのも、現象というのは、あくまで現在自分の脳内で優位になっている思考回路つまりセルフイメージに紐付くものでしかないので、何度も繰り返してしまうパターンがあるということは、それを発生させている【自分】がその場面で優位になっているということなんです。

私たちの脳内には、様々な思考が同時並列的に存在しています。

そもそも自分という存在が、たった一つの人格であるということ自体が実は幻想なんですね。

そしてつまり、パラレルに様々な自分が存在するということは、そこに紐づく世界というものも、パラレルにたくさん存在している訳です。

この脳内で優位となるパラレル(目の前の現象を解釈し、次の現実を創造する思考回路)が、自分の意志とは関係なく、不随意に選択されてしまう時、私たちは、「現実が思い通りにならない」「人生とはままならないものである」という誤解をしてしまいます。

つまりどういうことかといえば、望まないパターンを繰り返してしまっているまさにその場面で、自分がどんな【自分】というパラレルを無意識に選択してしまっているか、そこを見抜いてしまえばいいということなんです。

無意識の選択は、無意識である限り、私たちにはコントロールできませんが、それが意識化された時点で、私たちは拒否権も選択権も手にすることができます。

つまり、望まない現実を引き寄せてしまっていた、その【自分】を無意識に選択していたという事実に気付くということが大事なんです。

引き寄せの法則というのは、読んで字のごとく法則なので、今現在目の前に広がっている現実というものが、今のあなたが選択しているものであり、引き寄せてしまっているものです。これは否定のしようのない事実なんですね。

つまり、その【自分】というパラレルを見抜くということが、引き寄せの法則を意識的に活用する上での鍵になる訳です。

【自分】は一体何を選び、引き寄せてしまっているのか?それに気づかない限り、その【自分】を無意識に採用してしまうことになるため、望まない現実はストップしません。そのため、本人からすれば、なぜそうなるのか?その構造が見えないままに、ネガティブパターンが延々とループし続けてしまうことになります。

これがいわゆる運命と呼ばれるものの正体です。

ですので、運命は、本人が自分というパラレルを意識化した時点で、変更可能になるんです。

ちょっとややこしい概念になりますが、ここまで大丈夫ですか?

そして実はこれは、実生活の中で起こる、あらゆるネガティブパターンを材料に、自分の中に気づきを起こすことで、「あっ!」と理解できるものなんです♡

このあたり、実例を挙げるとわかりやすいかと思うので、ごく日常的な例を使って説明していきますね。

スポンサーリンク

ネガティブを使って、望まない引き寄せを起こしていた「自分」の正体を見抜く

「嫌なことを材料にして自分の中に気づきを起こす」と言うと、 嫌なことを乗り越えることで自分を磨く、向上させるといったような、何かお説教めいた話を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、これは、そういったことではないんですね。

むしろ逆のことなんです。

ここでいう気づきというのは、「嫌なことを頑張って乗り越えることで、より立派な自分になろう!」ということではなく、そもそも、その「嫌なこと」を自分にふさわしいものとして受け入れてしまっていた、自分の世界に持ち込んでしまっていた、その自分の正体に気づくということなんです!

例えば、職場などにおいて、本来自分の担当する範囲ではないのに、なぜか当たり前のように担当外の仕事をねじ込まれてしまう、もしくは、本当はやりたくないことなのに、なぜかついうっかり引き受けてしまうなど。おそらく誰しもそのようなシーンって、身に覚えがあるのではないかなと思います。

意識化してほしいのは、「なぜ本当はやりたくないことなのに、それをいともたやすく受け入れてしまったのか?」「その時、自分は自分に対して、一体どういった役回りを割り当てていたのか?」そこなんですね。

やりたくないことを、思わず引き受けてしまう、もしくは、自ら進んでやりますと言ってしまうような時。

その時、人には必ず、無意識に自分に課している役割というものがあります。

それは例えば、「協調性のある人」であったり、 「プロの仕事人」であったり、「誰かが困っている時にそれを助けられる人」であったり、また、いわゆる「良い同僚」「良い友人」「良い彼女」「良い妻」など、一見とても常識的で、良いこと、推奨されるべきものであることがほとんどです。

けれども、もし日常生活の中で、ものすごく違和感があったり、苦痛やモヤモヤを感じている場面がある時、実はそれらのネガティブ感情というのは、そういったシーンにおいて、自分が無意識に自分に課している役割や肩書きによって、自分が本当はしたくない選択を、自分自身にさせてしまっているというサインなんです。

つまりこれが、潜在意識による無意識の選択なんです。だからこそ、「したくない」という自分の意志と相反する選択を、不思議なほどごく自然にしてしまう訳です。

以前も書きましたが、自分が選択しているパラレルと、自分の在り方というものは常に紐づいています。ということは、望まない在り方(役割)を無意識に採用してしまっている時というのは、望まないパラレルワールドに自分が無意識に移行してしまっているということなんです!

つまり、自分が採用したいパラレルから、無意識にステップアウトしてしまっている状態であり、まさに、望まない引き寄せを起こそうとしている、その瞬間であるということなんです。

ここを見抜けるかどうかで、引き寄せの法則に振り回されるのか、それとも、引き寄せの法則を使いこなせる立場となるのか?そこが決まってしまう訳なんですね。

スポンサーリンク

嫌なことを引き寄せ続ける「自分」の正体は、無意識に担当している「役割」!

私達は意識的にであれ無意識的にであれ、それぞれの脳内に必ず役割というものを持っています。

そしてその役割を果たすことによって、周囲の人と協調しながら、現実というものを共同創造しています。

そう、それが、たとえあなたが望まない現実であったとしても、です。

そして上記の例からもわかるように、私たちの脳はその役割を一度担ってしまうと、その役割に応じたアウトプットしかできなくなってしまうんですね。

たとえそれが望まないことであっても、何故かそのアウトプットを繰り返してしまう。やりたくないのに、ついやってしまう。

これが、望まない現実がループしてしまう、その裏のカラクリになります。

そして一番厄介なのは、その役割というものが、本人の意志とは関係なく、無意識に採用してしまっているものである場合です。

そうすると、なぜ自分が望まない現実を作るようなアウトプットばかりをし続けるのか、それが本人には分からないため、非常に悩み苦しむ状態になってしまうんです。

しかもさらに困ったことには、望まない役割にはまり込んでいる状態である限り、どんなに努力したとしても、人は、その役割に則した選択しかできないため、「頑張ってもうまくいかない」「努力してもなぜか現状から抜け出せない」という状態に陥ってしまいます。

それ故、絶望感や無力感を味わうことになってしまうんですね。

多くの人はここで、人生を変える、現状を打破するということをあきらめ、運命に甘んじて生きるという選択をしてしまいます。

けれども、この記事を読んでいる方は、そういう選択をしたくはないから、きっとこの記事にたどり着いたのではないかと思います。

そう、むしろこの、「頑張ってもうまくいかない」「努力してもなぜか現状から抜け出せない」、いわゆるネガティブループになってしまっている箇所って、つまりそここそが、自分が無意識に採用してしまっている、何らかの役割がありますよ!!!!というサインでしかないんですね。

つまり、そこを意識化することこそが、あなたの人生に確変を起こす重大なポイントであるということなんです!!!

もうこれって、本当にどんなに強調してもし足りないくらい、ものすごいお宝が隠されている箇所なんです。

スポンサーリンク

嫌なことが繰り返し起こる箇所は、潜在意識レベルで望まない役割や肩書きを自分にくっつけてしまっている場所

望まないことが繰り返し起こってしまう箇所、先ほど挙げた日常的な例の一つである、やりたくないことなのについ引き受けてしまう場面などで言えば、 その場面において、あなたの無意識の中には、「自分はそれをやるべき人間である」という認識が必ずあるし、また相手にも、「あなたにはこれをやってもらって当然である」という無意識の認識があります。

つまりお互いの中で、ある一つの「当たり前」を共有し、それによってお互いの役割を果たし、「あなたが望まない現実」を共同創造していまっている状態なんですね。

潜在意識が持っている認識・観念を見抜くヒントは「当たり前」

そして実は、「当たり前」というのは、それは自分が潜在意識レベルで握りしめている認識や観念であるということを示す一つの証拠であり、重要なサインでもあります。

なぜなら、潜在意識レベルに落とし込まれている認識というのは、当人にとっては、疑問を差し挟む必要のない「当たり前」のものとなりますので、その認識状態が本人に意識化されない限り、その認識を前提とした思考回路が、そのまま自動運転的に働き続けてしまうんですね。

だからこそ、その「望まない役割」に気づくということが必要になる訳なんです。

嫌なことがあった時が意識化のチャンス!潜在意識レベルで自分に持たせている役割は「認める」ことで解除できる

つまり、言葉にすると少しきついかもしれませんが、自分自身に「便利な人」「面倒な頼み事も、嫌な顔ひとつせず引き受けてくれる人」という役割を持たせていたという事実を自分の中で認められた時、私たちは初めてそれを解除できる状態となるんです。

この望まない役割の意識化とその解除権の獲得こそが、ネガティブを材料にして、自分の中に気付きを起こすということなんですね。

そこに気付くことさえできれば、自分が本当に望む人生脚本と、よりしっくりとくる配役を自分に与えることが可能となるんです。

これが私たちのゼロポイントであり、いわゆる覚醒した(夢から覚めた)状態になります。

この状態に至ることができれば、そこからは、新しい脚本と配役は、あなた自身の意図によって自由に決めることができるようになります。

あなたが必死に周囲をフォローして回る現実ではなく、みんなが喜んであなたをサポートしてくれる現実でももちろん良い訳ですし、また恋愛を初めとする人間関係において、尽くす側から尽くされる側、追う側から追われる側に役柄をチェンジすることも可能です。

ポイントは、引き寄せたい現実と、自分の在り方(役割)は常に紐付いている!ということです。

今の自分の在り方(役割)のまま、むやみに選択と行動を繰り返したり、状況の改善策を考えたりするのではなく、まずは自分が本当に望む人生脚本を決め、そこから自分の在り方(思考・纏う雰囲気・出方)を降ろしてくるんです。

その在り方を、ネガティブループを起こしている箇所で新たに採用し直すだけで、望む世界への引っ越し(パラレル移行)は完了します。

「なりたい自分になること」を「有能な自分になること」と同一視してしまうと問題がループする!?能力主義の落とし穴!

そして気を付けて欲しいのは、ネガティブから気づきを得て、在り方と現実を変えるということは、嫌なことと真正面から格闘して、自分の能力を高めまくったり、忍耐力を強化することではないということです。

実はここ、多くの人がはまる落とし穴で、「能力を高めること」「問題を処理できる自分になること」というのは、「なりたい自分になること」と、非常に認識がすり替わりやすいんですね。

もちろん、自身の能力を高めるということは、そもそもそれ自体が、人間にとってとても楽しく、喜びを感じることなので、決して悪いことではないのですが、もし自分の能力を高めるということに何かしらのプレッシャーを感じているような時は、ぜひ、その目的の部分に着目して欲しいんです。

「嫌なこと」を処理するための能力を必死に努力して高めるということは、裏を返せば、その嫌なことを引き受けるための能力を高めているということであり、それは脳にとっては、望まない役割(セルフイメージ)の強化となってしまいます。

本来であれば、問題の処理能力を高めるよりも、そもそも問題の方があなたを避けてくれていってしまうような、そんな「役割」をまとってしまえばいい訳ですし、多くの人にとっては、それが本当の意味での「なりたい自分」である可能性が高いと思います。

ですので、もし思考が、過剰に能力主義に偏ってしまっているかな?と思った時には、ぜひ一度立ち止まって、その目的の部分をチェックしてみてくださいね!

今自分が、自分磨きと称して取り組んでいるソレは、「問題を処理できる自分になるため」のものではなく、「より自分という役割を楽しむため」の何かに繋がっている?と自問自答してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ 自分に無意識に貼り付けているラベルをはがせば、望まない現実はそこでストップする

人生において、お決まりのネガティブが何度も繰り返されてしてしまう箇所というのは、自分自身に無意識に貼り付けている「役割」というラベルによって、自分が本当にしたい選択をすることができなくなっている箇所と言えます。

私たちが普段アウトプットしている判断や言動というのは、すべてこの役割に紐付くものになっていますので、自分自身がどんな役割をまとってしまっているか?ということを認識しないままにアウトプットのみを変えようとすることは、実は、非常に難しいことなんですね。

努力してもなぜか、なかなか現状打破できない、変わりたいのに変われない箇所というのは、必ずと言っていいほどこういったカラクリが裏に潜んでいます。

この潜在意識による現実創造のカラクリに気付き、役割というラベルを意図的に選ぶスタンスを取れるようになるということが、つまりは引き寄せの法則をマスターするということであり、潜在意識の達人になるということなんです。

この重要な気づきを起こすために、「嫌なことが繰り返し起こる箇所」、「お決まりのネガティブパターン」というのは非常に大きな役割を果たしてくれます。

ぜひあなたも、日常のネガティブは余すところなく有効活用して、望まないパラレルを選択している自分の正体を見抜き、そして自由自在にパラレルを乗りこなす潜在意識の達人になっていってくださいね。

ネガティブを活用する立ち位置が取れるようになると、潜在意識の達人レベルは、大げさでなく、3段飛びで進化していきます。

大きなネガティブも小さなネガティブも、すべて同様に、大きな気づきの可能性をあなたに日々提示してくれています。

本当に、ネガティブは使わないと絶対に損!!!です!(笑)

見逃さず、しっかりあなたの味方にしていきましょう!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました