願いが叶わなくて疲れた…と感じたら要チェック!不足感からの願いが叶わない理由

引き寄せの法則のやり方

「もう長いこと引き寄せの法則について勉強しているし、実践し続けているけれど、願いが全然叶わない…なんだかもう疲れてきちゃったな…」

「同じように潜在意識の勉強をしていた他の人たちはどんどん現実を変えていってるのに、私は同じような日々の繰り返し…いったいこの違いは何なの!?」

引き寄せの法則や潜在意識のお勉強って、すごく楽しいのだけれど、なかなかブレークスルーできず願いが叶わない時期って、こんな風に引き寄せ疲れを起こしてしまうこともありますよね。

私自身、一緒に引き寄せや潜在意識のお勉強していた子たちが、一人また一人とコツをつかんでどんどんと願いを叶えていく様子を横目で見ていた時はすごく焦ったし、引き寄せ疲れを起こしていた期間もけっこうあるので、そういう気持ちはすごく理解できます。

今回は、そんな引き寄せスランプ・引き寄せ疲れ真っ只中の人に向けて、そんな時だからこそ気づける重要な盲点♡についてお話ししていこうと思います!

スポンサーリンク

願いが叶わなくて疲れた…と感じる時はだいたい「不足感からの願い」を叶えようとしている

これは過去の私自身の話になりますが、願っても願っても叶わない、それどころか、よけい現実がこじれていく気がする…そんな時って、実はだいたい、「不足感からの願い」を叶えようとしてしまっている時なんですよね。

たとえば代表的な例で言うと、

  • お金がないから、お金が欲しい。
  • 音信不通の彼と復縁したいから、なんとか連絡が欲しい。
  • もういい歳だし、さみしいから結婚したいな…
  • 自信をつけたいから、仕事で成功したい。

といった感じ。

これ、初めてメンターから教わった時、「え…?お金ないからお金欲しいって、普通そうなるよね?その願い方がまずいって…そもそも何言ってるかわからないし!」と、かなり混乱した覚えがあります(笑)

当時は現実化の仕組みがいまいち飲み込めていなかったんですよね。

そう、実は願いって、その入り口の部分がものすごーく重要なんです!

スポンサーリンク

願いが叶わない時だからこそ気づける盲点!「願いの入り口を見る」

「願いの入り口」っていうのはつまり、その願いをどういう世界を見ながら発したか?ということ♡

そもそも潜在意識には、人間の言葉が通じません。

ではその代わりに潜在意識が叶えるのは何かと言うと、それはあなたが意図を発した際に、どの世界を見ていたか?といういわゆる非言語の部分なんです。

これって非言語ゆえに、自分ではなかなか気づきにくい部分なんですよね。

だからこそ、願っても願っても叶わない…もう疲れた…という引き寄せ疲れの原因になりやすいポイントでもあります。

具体的な例を挙げて説明しますね。

「彼とデートがしたいけれど、私の方からアクションしないと彼はなかなか誘ってくれないし…嫌だけど、私から連絡するしかないか…うーん、でも彼からもたまには誘ってほしいな」という脳内トーク状態で、「彼から誘ってもらう」という願いを発した場合、どうなると思いますか?

そう!この願いって、「望まない彼、望まない世界を見ながら発動された不足感からの願い」になってしまうので、つまり出口は不足感で終わるということになります。

こういった感じで、もしあなたがなかなか叶わずに引き寄せ疲れを感じてしまっているような願いがあれば、まずはその「入り口の部分」をチェックしてみてほしいんです。

きっと何かしら「あっ!」と思い当たる部分があるのではないかなと思います。

ただ同時に、「でも…現状に不満を感じたから、それを何とかしたいって思う訳じゃない?それがダメって言われたら一体どうすればいいの?」という疑問が湧いてくるのではないでしょうか?

実際私も、幾度となく浮かんだ疑問です(笑)

スポンサーリンク

コツは、意図を出す対象を「問題解決」ではなく「行き先」にすること

でね、じゃあどうすればいいの?ということなんですが、それはズバリ、「自分の世界を設定し直す」っていうことなんです。

潜在意識が叶えるのは、あなたが採用している世界。

そしておそらくそれは、あなたが外部の影響によって無意識に(自分でも気づかないうちに)採用してきた世界なんですよね。

見ている世界を変えないままに、その中であれこれと願いを発しても、結局出口は同じ世界。

これだともう、出られない迷路状態で、引き寄せ疲れを起こすのも当然です。

それならば、そもそもの自分の世界の設定がどうなっているか?それを見抜いて、そこを決め直すという作業が必要だよ~!ということなんです♡

最初はちょっとややこしく思えるかもですが、仕組みがわかるとめちゃめちゃシンプルです。

対象物ではなく、世界(場)に対して意図を出すということについては、こちらの記事でくわしく解説しています)

これって言い方を変えるなら、見るのは問題そのものではなくて、行き先だよ、行き先!っていうことなんです。

とにかく楽になりたいから、一刻も早くこの問題から抜け出したい!」という脳内トークから出された願いだと、残念ながら、出口はやっぱり苦しい世界。

「これが嫌」で終わってしまっていて、実は行き先が決まっていない状態なんですよね。

不足感から出された願いって、このパターンがとても多くて、一言でいうと、直近の問題解決しか見ていない状態

そうではなく、「結局自分はどこに行きたいのか?」そこに意図を出すっていうことなんです♡

「問題解決のその先の先」を見るんです。

文章にするとものすごく単純なんですが、実際悩みでいっぱいいっぱいになってる時って、「結局自分はどうなりたいのか?」「彼とどんな関係性を築けたら最高に満足?」「どんな毎日が過ごせたら最高に幸せ?」そこをあらためて聞かれると、明確に答えられる人ってかなり少ない…というか、まずいないのではないかな?と思います。

(単純に「お金持ち」とか「両思い」とかではないですよ~!大事なのは、その言葉の「中身」です。このあたりについては、こちらの記事でくわしく解説しています)

「欲しくない状態」にフォーカスしすぎていて、「欲しい状態」にフォーカスできなくなってしまっているんですよね。

逆に言えば、そもそも「欲しい状態」が決まっていないから、「欲しくない状態」にしかフォーカスできなくなっているとも言えます。←ココ重要

スポンサーリンク

引き寄せ疲れはブレークスルーの大チャンス!あなたは今どこを見ている?

見ているところ(エネルギーの注ぎ先)がズレていると、「これって何かの呪いなの?」というくらい同じような問題、同じような現実がループし続けます。

仮に目の前の問題が片付いたとしても、また同じような問題が次から次へと現れてきて、一向に現実が進んでいる気がしない…

もっと言えば、人生がパターン化してしまっているような気すらする。

「叶えたいのに、全然叶わない(泣)」

「解決したいのに、全然問題が解決しない…もう疲れた…(涙)」

そんな引き寄せ疲れに陥っている時こそ、【直近】ではなく【その一つ先】を見てみてくださいね!

この視点のズレに気づけると、一気にブレークスルーできるはずですよ!

願いが叶わなくてほとほと疲れきっている時期だからこそ起こせる偉大なブレークスルーですので、今まさに引き寄せ疲れ真っただ中!という人は、ぜひ「自分が今どこを見ているか?」チェックしてみてくださいね!

では♡

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました