パラレルワールドの行き方 引き寄せている恋愛パターンを解除し選ぶ

潜在意識で恋愛成就させる方法

潜在意識を使って恋愛を成就させることというのは、基本の部分をしっかり押さえてさえいれば、なんら難しいことではありません。

けれど多くの人が恋愛の引き寄せにつまづいてしまうのは、目の前の現実の相手に、ことあるごとに気持ちを揺さぶられてしまうからではないかな?と思います。

好きな相手というのは、当然ながら、自分にとって非常に重要度が高い存在なので、これは仕方のないこととも言えます。

 

しかし、こういった状態になってしまっている時というのは、実は、引き寄せの法則の本質を少しずれて理解してしまっている時なんです。

潜在意識と現実創造の仕組みを理解し、使いこなすことで、目の前の相手はいかようにも変わってくれるし、一見絶望的とも思える恋愛でも、いくらでも状況をひっくり返していくことは可能です。

けれどそれは、決して、目の前の相手に意図を投げることによって成就することではないんです。

意図を投げるべき対象というのは、実は、意中の相手ではなく、【場】なんです。

この辺り、少し概念が難しく、言語化しにくい部分なのですが、恋愛引き寄せでつまづき続けている人にはぜひ攻略してほしい部分でもあります。

頑張ってできる限り言語化してみますので、本気で潜在意識を使いこなしたいと思っている人は、今回の記事、ぜひじっくり読み込んでみてくださいね!

スポンサーリンク

恋愛引き寄せにおけるパラレルワールドと在り方の概念

私たちの目の前の現実というのは、一見、私たちが望むと望まざるとに関わらず、勝手に展開しているかのように見えるかもしれませんが、実は、そうではありません。

私たちは無意識レベルで、それぞれ一つの世界観というものを持っています。

「○○とはこういったものである」というその人なりの定義付け(脳内設定)が無数に結集したもの、それがその人の世界観(採用しているパラレルワールド)になります。

そして、人の潜在意識というのはつながっているので、実はその設定に沿って、他者の登場の仕方もコントロールされていくため、まさに脳内設定通りにその人の現実が展開していくことになります。

もちろん、あなたと彼の関係性というものも、その例外ではありません。

潜在意識での情報場共有によって、彼とあなたの在り方は無意識に自動的に決定している

契約書などで文章化されている訳ではないけれど、あなたの頭の中には確実に、「彼とはこんな人」「彼と私はこういう関係性」という独自の設定があります。

そして人には、他者から特定の設定の下に観られることにより、「自分とはこういう人間である」と無意識レベルで認識し、その通りに振る舞うという性質があります。

あなたも経験があるかと思うのですが、人というのは、周囲の人からダメな人扱いされてしまうと、なんだかダメで頼りない自分として振る舞ってしまったりするし、逆に、しっかり者扱いされてしまうと、頑張ってそのしっかり者の役割をやってしまったりするものなんです。

これは、ほぼ無意識のリアクションとして、日常的に私たちの脳が行っていることになります。

そして、ここで注目するべきポイントというのは、そもそも人は、ある設定がされている【場】に身を置くことで、無意識的にその【場】に沿ったキャラクターをまとってしまうということなんです。

この意味の重大さ、伝わりますか?

つまり、恋愛において例を挙げるなら、もしもあなたが彼に対して、「私のことなんて、きっと好きじゃない」と無意識に設定していたりすると、なんと彼は、その役割をやらざるを得なくなってしまうということなんです!

彼の気持ちはあなたが決めていい

ちょっとゾクッとするような例を挙げてしまいましたが、ただこれって、逆に言えば、彼の気持ちはあなたが決めてしまっていいということなんです。

この辺り、初めて聞いた人には、かなり奇抜に感じられるかもしれません。

私も初めてこの概念に触れた時は、非常に戸惑ったのでわかります(笑)

でもこれって、恋愛においては、はっきり言って知った者勝ち!の概念なんです。

そう、書いてる本人が言うのも何ですが、この記事を読んでいるあなた、超絶ラッキーなんです!(笑)

スポンサーリンク

同じ恋愛パターンを引き寄せ続けてしまうのは、無意識に同じパラレルワールドを選択しているから!

あなたにしても彼にしても、顕在意識上では認識していませんが、人の在り方や選択基準というのは、実は、現在共有している場の設定に基づいて、それぞれが無意識的に自分の役割を果たしている状態です。

この【場】によって与えられた役割というのが、いわゆる在り方というものになります。

そして問題なのは、ほとんどの人の場合、身を置いている【場】というのが、そもそも意図的に選択されたものではないということなんです。

意識的な意図によるものではなく、無意識的に設定された場や在り方というのは、つまりは、過去の思考癖ということになります。

 

例えば、同じような失恋パターンを何度も繰り返す人というのがいますが、それはつまり、過去に経験した失恋によって、「恋愛とはこういうもの」「男性とはこういうもの」「こういう状況になると彼は私から離れる」「私のこういうところが彼を冷めさせる」と言う情報場(世界観・定義付け)を無意識に創り上げてししまい、それを脳内に保持することによって、同じストーリーを繰り返し具現化し続けてしまっているということなんです。

つまり無意識に、彼と自分にそういう役割を演じさせてしまっている状態ということです。

ちなみに私はこれを、呪いのビデオテープと呼んでいます(笑)

 

無意識に選択されているパラレルというのは、無意識であるがゆえに、顕在意識上の本人にはコントロール不能の状態です。

そのため、ほとんどの人は、自分でも理由がわからないまま、望まない恋愛パターンを嫌と言うほど繰り返し、それが自分の運命であると勘違いしてしまいます。

けれど実は、自分がどういうパラレルを選択しているのか?それが意識化されることによって、この無意識のパラレル選択というのは解除可能になります。

そう、自分がどんな世界観やストーリーを選択してしまっているか?それに気付いた瞬間に、私たちは、属するパラレルワールドの選択権を取り戻すことができるんです。

スポンサーリンク

パラレルワールドを選択すること=どんな恋愛を引き寄せるか決めること

つまり恋愛引き寄せの極意というのは、今の世界観のまま、特定の誰かを引き寄せようとしたり、目の前の彼を理想の状態に変えようとすることではなく、世界観そのものを乗り換えるということなんです。

前提となる設定、例えば、「男性とはこういうもの」「彼はこういう人」「恋愛は自分の思い通りにならないもの」といった設定を抱えたまま、どんな願いを潜在意識に発したとしても、それは意図ではなく、期待になってしまうんです。

期待というのは、願いが叶うかどうか、それを決定するのが自分にはなっていない、つまり、世界観をデザインしているのが自分ではないため、そもそも叶わない世界、もしくは、叶うかどうか極めて怪しい世界の中で叶えようとしてしまっている状態のことを指します。

そのため、願っても願っても、潜在意識の実現リストからは弾かれることが非常に多くなります。

対して、欲しいパラレルを自分でデザインし、選択してしまえば、潜在意識は水面下で、必要な人材の無意識に密かにコンタクトを取り、自然とあなたの周囲に配置していってくれます。

イメージとしては、磁石と砂鉄のような関係です。

この磁石というのが、あなたが自分の世界観、つまり選択しているパラレルワールド(平行世界)に与えているコンセプトであり、そのコンセプトに沿って、人も物も、砂鉄のようにあなたの世界に引き寄せられていくんです

スポンサーリンク

引き寄せたい恋愛の意図は目の前の彼ではなく、パラレルワールドの彼に出す

目の前の現実の彼というのは、あくまで、あなたがこれまで選択してきたパラレルに属する彼でしかありません。

ですから、もしあなたが彼に対して違う在り方を望むのであれば、目の前の彼に意図を投げようとすると、それは実は、相手に対するコントロールになります。

今のパラレルを選択したまま、彼を変えようとすることは、目の前の彼に対する否定であり、何か押すような力を彼に加えることになります。

自分に対する否定やコントロールを感じれば、相手の意識は反発してきますので、これだとなかなかうまくはいかないんですね。

そうではなく、意図を出すべきは、常に自分が選択している【場】、つまりパラレルワールド(平行世界)になります。

目の前の彼は、過去に選択したパラレルによって生み出された結果体でしかありません。

結果体にいくらあれこれ働きかけても、それは、鏡に映っている像に手を加えようとするようなもの。

結果体ではなく、原因の部分、つまり、あなたが脳内に持っている情報場(世界観・定義付け)に対して働きかけるんです。

勘違いされがちなのですが、潜在意識による恋愛成就方法としてよく語られる、「現実の彼は無視して、自分の内側に創り上げた彼だけを見る、その彼とだけ対話する」ことというのは、決して、むなしい現実逃避ではないんです。

そうではなくて、彼と共有する世界の前提をデザインし直すということなんです。

ここ、私も散々はまった箇所で、勘違いしてしまうと本当にもったいないので、最後に少しだけ説明を加えておきますね!

スポンサーリンク

「現実の彼は無視して内側の彼と向き合う」ことの、本当の意味とは?

パラレルワールド(平行世界)と自分の在り方というのは一対の関係になっているので、 欲しいパラレルワールドを選ぶには、そのパラレルに属する自分である必要があります。

つまり、自分の在り方そのものが、パラレルワールドの切り替えスイッチなんです。

そして、実はここに、「現実の彼は無視する」「内側の彼とだけ向き合う」ことの、本当に意味するところがあるんです。

なぜ目の前の彼とガッツリ向き合ってはいけないのか?

それは、その相手があなたにとって大切で重要な人物であればあるほど、その現実の彼の発言や出方につい反応してしまい、無意識に「現状のパラレルの自分」という思考回路に脳が乗っ取られてしまうからなんです。

つまりその瞬間に、理想のパラレルの自分という在り方を放棄してしまうことになるため、意図したパラレルから外れてしまうことになるんです。

だからこそ、脳が本当に新しいパラレルに馴染むまでは、あえて目の前の現実の彼は無視し、今はまだ自分の脳内にだけ存在する、理想のパラレルの彼とのみ対話するということが大事なんです。

スポンサーリンク

まとめ

私たちの潜在意識というのは繋がっていて、そこで常に情報を共有し、無意識レベルでお互いに協力し合いながら、あらゆるビジョンを具現化しています。

この潜在意識レベルで共有してるビジョンとは何なのか?それを見抜き、意図的にデザインすること、これが引き寄せの法則を使いこなす、マスターするということになります。

働きかけるのは、欲しい対象物でも、欲しい相手でもなく、私たちが共有している情報場そのものになります。

そこを意図的にデザインするという意志を持ったとき、私たちは、自分の世界の創造者となれます。

選ぶパラレルを変えないまま、あれが欲しいこれが欲しいと願っていても、ほとんどの場合、何も変わりません。

けれど、無意識に選択し続けてきたパラレルを解除し、理想のパラレルワールドを選び直せば、理想の彼も理想の恋愛も、まるで砂鉄のように、自然に勝手にあなたの世界に引き寄せられていきます。

あなたが働きかけるべきは、現在の彼ではなくパラレルワールドの彼であり、採用するべきは、パラレルワールドの自分の在り方になります。

どのパラレルワールドを選択するかは、どのパラレルの自分であるか、つまり、どのパラレルの自分の在り方を採用しているか、ここが鍵になります。

もし、今の自分の世界に対してしっくりこない部分があったり、どこかしら変えたいと感じるのなら、今の自分は、どのパラレルの自分になっているかな?とぜひ脳に問いかけてみてくださいね!

意識化できた瞬間に、パラレルワールドの選択権を手にできることをお忘れなく!です♡

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました